歪みによる不調と症状

illust190_thumb

  
妊娠するとお母さんのお腹は大きくなるため、
お腹の重みで腰を前に反らした姿勢になりがちです。


背骨は横から見ると緩やかなS字カーブを描いていますが
妊娠により腰が必要以上に反ると骨盤は前に倒れ、
腰椎が前に引っ張られるため
背骨の正しいS字カーブが失われ腰痛などを引き起こす原因となります。


出産後に脚のムクミや付け根の痛み、こむらがえりを起こしやすいのは
腰を反らした姿勢が脚の付け根を圧迫するためです。


反り腰になると背中と腰が常に緊張した状態になり、
血液の流れが悪くなるため手足の冷えや貧血などになりやすく、
血流が悪くなることで肌に栄養がいかないことから
お肌もハリやツヤを失ってしまいます。


また、反り腰は交感神経が刺激されるために
イライラしやすく、不眠などを引き起こしやすくなります。


そうなると出産後の育児で心と体の両方に
負担をかけることになってしまいます。


妊娠するとお腹の筋肉が弱くなるため
出産後もそり腰として残る場合が多くなります。


きちんと歪みをとってあげると不調が改善され
家事や育児に踏ん張りがききますよ。

Copyright© 2008-2017 karadakoubou OCAME all right reserved
サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。