骨盤の歪みと早産

骨盤がゆるむことで骨盤が歪むと
恥骨と尾骨の間にあるハンモック状に張った「骨盤底筋」
という筋肉が引き伸ばされてしまいます。

 

子宮や膀胱、直腸など、骨盤の中にある臓器は、骨盤の底にある
筋肉や筋膜、じん帯など「骨盤底筋群」によって支えられています。

 

妊娠や出産によりこうした組織がゆるんでしまうと、骨盤内の臓器は下にずれていき、
またそれらの臓器の上に位置する腸にさらに押し下げられることで尿もれや、
痔・脱肛などが起きやすくなります。

 

妊娠中に臓器の下垂により赤ちゃんのいる子宮が圧迫されると、
子宮や胎児が下がり過ぎてしまい、早産しやすくなるため注意しましょう。

 

骨盤の歪みは日頃の運動でも予防することが出来ます。
スムーズな出産をするためにも妊娠前からの歪みにくい身体作りを心がけましょう。

illust791_thumb

 

 

Copyright© 2008-2017 karadakoubou OCAME all right reserved
サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。