本能寺さん

先日、毎月技術の勉強会を行なっている御前崎BASEにて

新しい試みが始まった。

 

タイトルは「ブラマケ」

 

何だか、ヨイトマケみたいな語感であるが

スマートを常とする御前崎BASEである。

 

母ちゃんのためならえんやこら〜♪

のような気持ちが、例え心の三段奥底にあったとしても、

そんな事はおくびにも出さずに、洒落にキメて来るのだろう。

なんにせよ、どんな話が聴けるのか楽しみである。

 

 

因みに、今回のゲストは本能寺きさらさんという方らしい。

 

 

まぁしかしながら、技術にしても何にしても

誰かから何かを仕入れた(聴講)ときの注意は、

聴いただけでその気になって終わらせないことである。

 

これは過去に恋愛マニュアル本を

読み漁っていた頃起きた事象とよく似ている。

読むだけで恋愛上手になれるなんて事は

この世に残念ながらないのだ。

 

せっかく来たのだから、ちゃんと身にしなくちゃいけないぞ。

そう自分に言い聞かせる。

たった一回調べれば分かる事すら調べないまま

3年経つなんてこと、よくある話なのだ。

 

それにしてもあれだけ読んだ恋愛ハウツー本、

全く身にも実践にもつながらなかったな。。

 

頭の片隅でそんな事を考えていたら

ふと本能寺さんの言葉に耳が止まった。

 

 

「ノウハウだけじゃダメだよ。

方程式を解く方法を知らなきゃ」

 

。。。なるほど。

 

 

それにしても随分難しいことを

なんでもない事のように言う人である。

 

これで大したこと言わなかったら

オマエ恥ずかしいぞ。

ずーっと陰で笑っちゃうぞ。

 

そう高飛車に聴いていたのも束の間、

終いにゃうっかりエレクトリカルパレードで

ミッキーに手を振るかの如くであった。

 

 

ブランディングとマーケティングの方程式を

まんまとお披露してくれた。

ついでに解き方まで教えてくれるのだから、太っ腹である。

 

 

今はごっちゃり出た宿題がコッチを見つめているけれど。。

今度はその方程式を自分に当てはめ、

その答えを作っていかなければならない。

 

 

それにしても本能寺さんはのっけから余裕綽々であった。

 

 

開口一番、

「キミタチは女の子を口説くのに

どれだけの手間と時間とお金をかけているかい?

ボクナンテ、女の子の方からベッドに入って来ちゃうね」

と、のたまったのだ。

 

ジローラモかよっ!の程であるが、

 

それもそのはず、本能寺さんは”だいたいやね〜”みたいな

口の奥で金歯も笑っているような風貌でも、

先の尖ったピカピカの靴履くIT社長風でもなく、

還暦過ぎにぶっといボーダー着てサマになっちゃうような

シンシなチョイ悪オヤジ系であった。

 

 

いろんな武器を持った人である。

 

 

 

2017年3月9日|おかめ日記0 コメント

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする




※メールアドレスは公開されません。



トラックバック

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックURL

※この記事への言及リンクが確認できない場合は、反映されない可能性があります。