フリーダムを勝ち取れ

肩甲骨はフリーダムなやつである。

 

どのくらいフリーダムかというと

フリーダム!と叫ぶオノヨーコくらい

フリーダムである。

 

 

ところで「構造類似の法則」という考え方があって、

肩甲骨と骨盤は構造が似ている。と、考えられている。

 

類似点の一つとして、どちらも股関節と肩関節という

可動の広い関節を抱えているわけだが、

腕と足ではその使用目的に違いがある。

 

 

下肢は大地を踏んで体を支え、

上肢は自由で繊細に動く手がくっついている。

 

 

それが骨盤という大きな骨と

肩甲骨というセパレートされた骨の差になったのか?

と、考えると少し面白い。

 

 

皮膚分節といって、脳から分布される神経の担当範囲は

四つん這いの時、非常に分かりやすい配置となっている。

 

ここに四つ足であった頃の記憶を見るのだとしたら、

肩甲骨のその存在と働きは、二足歩行への

進化のメッセージなのかもしれない。

 

 

時々、最後まできちんとハメ込まれなかった部品のように、

肩甲骨の位置が悪く、はめ込み途中の肩!

みたいな歪みをお持ちの方がお見えになる。

 

 

(いや、実は、そんな人は結構いるのだけど)

 

 

 

そして、そんなはめ込み途中の肩を持つひとは

肩関節の可動も、肩甲骨の動きも

だいたい狭苦しいものである。

 

 

肩にも人間にもフリーダムが必要だ!

 

 

と、そしてまた私は思う訳である。

 

 

 

 

 

Oha!健康講座

日時:12月24日(日曜日)

   9時15分~(一時間程度)

場所:藤枝市生涯学習センター

※参加希望の方はオカメまたはホープまでご連絡下さい。

 

 

 

2017年11月4日|からだの歪み0 コメント

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする




※メールアドレスは公開されません。



トラックバック

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックURL

※この記事への言及リンクが確認できない場合は、反映されない可能性があります。