7月のオマエザキBASE

師匠というのが人のつながりを作るのが上手くって、

「直径30センチ」といわれるような狭い人生を送る私にも、

けっこうな範囲で整体やロミロミのつながりができた。

 

 

月に一回開かれている勉強会。今回の講義は、

 

「からだ工房らくだ」の村田先生

 

「ならろは」の中村先生

 

 

村田先生は元消防士という異色の出自である。

 

正義感が服着て歩いているような、

真摯な眼差しが忘れがたい印象の先生であるが、

 

趣味の範疇を超えた趣味のマラソンで

以前、膝を負傷したとのこと。

 

その経験をもとに、「膝」の調整をご教授いただきました。

 

経験からくる説得力と

丁寧な理論

練り上げられた技術

 

村田先生のアスリートなブログはファンが多いそうですが、

実際の先生も、実はかなり面白いひとである。

 

 

 

中村先生は奈良のご出身。

 

小柄なカラダなんてモノともせずに、

技をバシバシ決めていく、恐ろしいひとである。

 

今回は「仙腸関節と頸椎の軸圧」

について、ご教授していただきました。

 

ちなみに中村女史は私にとって、

 

整体の師、であり

お好み焼きの師

 

でもある。

 

 

ところで、毎年恒例の夏のBBQ。

そこで人気なのが「中村先生のお好み焼き」なのだが、

その助手をもう何年もしている。

驚くべきことに、去年

「オカメ、来年から”焼き”もな」

「えっ!そんな重大な役、私にはまだ無理です」

「大丈夫や」

と、焼く工程への手出しが認められた。

 

 

 

習うって、たのしい。

 

 

2018年7月21日|おかめ日記0 コメント

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする




※メールアドレスは公開されません。



トラックバック

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックURL

※この記事への言及リンクが確認できない場合は、反映されない可能性があります。