だいたいやね。その2

だい-たい 【大腿】

脚の付け根から膝までの部分。

 

 

先日岡崎でロミロミをしている

「KALOHA カロハ」のマユミ先生と

♪盗んだバイクで走りだす~

と一緒に口ずさみながら、

あの歌のタイトルは”15の夜”だったね。

などと話していたとき。15の、

その夜から既に3倍近い時間が流れて

しまっていることに気づいて愕然とした。

 

40代になって”いいなぁ”と思うのは

昔よりは物事にこだわらなくなったコトである。

10代、20代の頃の輝きは美しくも苦しいのだ。

 

 

 

さて大腿とは、言わずと知れた太ももの部分であるけれど、

物事に表と裏があるように、

やはり大腿にも表と裏ならぬ、前と後ろがある。

 

 

前を”大腿四頭筋”と呼び、

後ろを”ハムストリングス”と呼ぶ。

 

 

こう並べると、なぜ腿の後ろだけカタカナなんだ!

と急に疑問に思うのだが、

どちらも複数ある筋肉の総称である。

 

そして、

 

”大腿四頭筋”は椅子に座るとき、

”ハムストリングス”は椅子から立ち上がるときに働く

 

という、おんなじ太ももの中に、

全く逆の作用が含まれているのが

筋肉の良く出来た、そして面白いところである。

 

 

 

いったい生まれてから今日まで、

何回立ったり座ったりしたんだか分からないけれど、

太ももは見て喜ぶだけの所じゃなくって、

私たちが生活するにあたって

とてもよくお世話になっている部分なのだ。

 

 

 

ところで、立ったり座ったりする時、例えば膝に痛みが出たら

この太ももにカラクリという名の原因がある場合が多い。

 

整体に行こうかな。

と思ったら、どんな時に痛みが出るのか

覚えていくことをお勧めします。

そこには良くなるためのヒントがたくさん隠れていますから。

 

 

 

 

 

 

 

2018年8月27日|筋肉について0 コメント

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする




※メールアドレスは公開されません。



トラックバック

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックURL

※この記事への言及リンクが確認できない場合は、反映されない可能性があります。