前傾姿勢になってませんか?

自分の姿を真横から見るのってなかなか大変ですけど
一度家族の人にでも自分の横からの立ち姿をみてもらうと
面白いですよ。

とくに最近疲れてるなぁ。ストレスが多かったなぁ。。
と、感じているあなた。

まるで坂道でも上っているかのように
体が前に倒れている可能性が”大”です。

疲労してくると自然と体は前傾になっていきます。
その結果、太ももの前面の筋肉で体を支えることとなり
ついでにふくらはぎまで痛みが出てきたりするのです。
(それってそのまま腰痛の原因にもなりますけどね)

最近ちょっとお疲れのあなた。
前傾姿勢のあなた。

太もも前面の筋肉と大腰筋の筋肉をストレッチすると
体が楽になりますよ!


2009年6月27日|日記0 コメント

アイス食べて頭痛くなる筋

アイスを食べるとこめかみがキーン。
みなさん経験ありますよね。

なんでアイス食べるとキーンとするんだ!!

そんな質問に今日はお答えします。

答えは胸鎖乳突筋が急激に冷やされるから。
胸鎖乳突筋とは首の全面にある筋肉。
耳の後ろあたりから、鎖骨にかけて付いている筋肉です。
頭痛関連筋であるこの筋肉が冷やされることで
頭がキーンとするのです。

でもこの筋肉。アイスのためだけにある訳じゃないんですよ!
(あたりまえか・・)
頭と上半身をつなぐ重要な筋肉です。
さらに背中の筋肉をエプロンのタスキのように支えてあげる筋肉でもあります。
ですから、猫背で顔が前に出ているひとなんか、カチコチ。

仰向けに寝た時に顔が自然に横を向いてしまうあなた。
向いてしまう側の胸鎖乳突筋が縮んでますよ!

ちなみにストレスにも関係する筋肉です。
胸鎖乳突筋を健やかに保って、体のストレスを取り除きましょうね!

2009年6月18日|日記0 コメント

あの・・肩が痛いんです

肩が痛いんです。
とおっしゃってくる患者さん。
整体ですから、もちろん多い。

いわゆる頭痛までしちゃう定番の肩コリから
特定の動作をするときに痛みが出る人
急に肩を動かすだけで痛くなっちゃった人など
肩に関わる痛みは様々です。

さて、その肩の痛み。
意外と原因は肩にないってご存知ですか?

そもそも肩ってどこかしら。
肩こるよね~って皆が触るところって
だいたい首の付け根ですよね。
残念ながらそこは肩ではありません。

厳密にいうと肩とは腕の付け根の関節をさします。
ここがピンポイントで痛い場合ってそうはないですよね?

そう!触りながら痛みは肩にないことを
自分自身が一番よく分かっているのです。

肩関節の役割は腕をぶら下げることにありますが、
実際肩の関節だけで動かせるのは90度程度。
ジュディオング程度です・・^^
それ以上挙げるためには肩甲骨を使わなくてはいけない。
肩甲骨は背中の上部に存在し
また首の骨にもつながっています。

だ・か・ら!・・肩・首の痛みって意外と肩甲骨にあることが多いんです。
しかも肩甲骨にはローテーターカフという
肩関節に腕を繋ぎとめておくための固定筋も存在します。
50肩で腕が上がらなくなる場合も肩甲骨に原因が存在する場合が圧倒的です。

肩関節は動きが大きい関節の分だけ故障も多い場所。
その肩の不調を呼び込まないためには
肩甲骨から大きく動かすようなストレッチを取り入れることをお勧めしますよ!

2009年6月15日|日記0 コメント

渡辺直美な肩

ビヨンセのものまねをする女芸人の渡辺直美さん。
面白くて、可愛いですよね。

さて、この芸人さんの首と肩の位置とライン。
こういう姿勢の方って結構多い。

このちょっと首をすくめた感じ。
前から見ると背中が何かをおぶっているように見えるシルエット。

これは体重による体系の問題ではありません。

首を前に出す姿勢というのは今までにも書いてきたことなので
割愛しまして、

なぜ背中が何かをおぶっているように見えるのか・・?

これは僧帽筋という筋肉が発達してしまっていることが原因です。

僧帽筋とは首から背中にかけて逆三角形に大きく広がる筋肉です。
肩コリ原因筋と、よく紹介される筋肉です。
(でも本当は原因筋じゃなくて、とばっちり筋なんですけどね。)

筋肉には体の表層にある大きな筋肉と
体の深部にある筋肉(インナーマッスル)と2種類あります。

この表層の筋肉は大きく、薄く広がり、ものを持ち上げるなど
大きな力を使うときに有効な筋肉です。
また大きい分、筋肉に勢いがあり、
ボディラインに影響を与えやすい筋肉でもあります。

彼女の場合首を前に出した姿勢により体のバランスが崩れ
それによって表層の僧帽筋が影響を受けて
背中が盛り上がったようになってしまっているのです。

直美的肩をお持ちの皆様。
僧帽筋の緊張を取り除き、体のバランスを整えることで
肩から首にかけて驚くほどスッキリしますよ!

2009年6月10日|日記0 コメント

腕の位置チェック

あなたの腕、
肩から下に真っ直ぐ下がっていますか?

鏡の前に立ってよ~っく観察してみましょう。
肩から肘までな~んとなく前に出ていませんか?
ついでに肘から先がカクッと曲がって前に出ていませんか?

そんなあなたの職業・・
机の上で一日中指先だけ動かす仕事じゃないですか?

例えばパソコン打ちのデスクワークとか。
機会のオペレーターとか。

腕をちょっと前に出して肘を曲げて仕事、してますよね?

会社を出ても体は仕事してますよ~!
こういうのが痛みの原因になります。

だって腕の内側の筋肉はずーっと縮まりっぱなし。
外側の筋肉は伸ばされっぱなし。
腕の位置が違うから体はバランスを崩しっぱなし。

そのうち肩甲骨まわりが固まって
腕が上がらなくなるのも遠くないかも・・。

そうならないように、作業の合間に肩を回すなど
ちょっと運動しましょうね。
同じ姿勢のまま固まってちゃダメですよ!!


2009年6月4日|日記0 コメント