テン才とシュウ才

20代の頃、

オレは天才じゃなくていい。秀才でいいんだ。

と語る男性に出会ったことがある。

笑いながら話していてたが、コイツ本気で言ってんな

と思ったことを今でも覚えている。

 

坂本龍一は秀才
細野晴臣は天才

 

と以前なにかで聞いたことがあるが、

秀才と天才の差はなんだろうか。

 

マイナーかメジャーかで言ったら
やはり天才はマイナーではないだろうか。

 

そして世間の常識よりももっと
動物的なところで動いている人のような気がする。

 

雅楽なんかを聞いていると
こりゃ人間に向けてつくった音楽じゃないなと思うのだけど
昔、人間はもっと動物的だったのかもしれない。

 

天気によって体調が悪くなる人は
動物的な感覚が身体に残っている人なんだそうである。

 

来る春、体調がふんわかしてきたら
おっ!自分は天才なんだな。と、
どうぞ自信を持って体調不良にあえいで頂きたいと思う。

 

 

2015年3月24日|自律神経0 コメント

父の詫び状

向田邦子の父の詫び状という本が大好きである。

この人の書くエッセイは記憶を頼りに
話があちこちに飛んでいくのだが
そんなところがまたとても面白い。

ひとの記憶は無秩序だもんね。

 

ところで、先日をもって
私が習った整体の学び舎が幕を閉じる事となった。

これからは別の場所が学び舎となる訳だが
開業までの一挙手一投足を学ばせてもらった場所、
またその後もずっと勉強させて貰った場所である。

やはり、ちょっと淋しい。
いや、けっこう淋しい。

 

学生生活がこんなに楽しいと感じたのも
切磋琢磨し合える仲間が出来たのも
お昼の特製カレーがとても美味しかったのも
この場所があってこその始まりだった。

 

その日、勉強会ごとに持ち回りで30分ほど話をする番が
私であった。

整体を始める切っ掛けや開業前後のことを話させて貰ったが
時系列でつなぐ思い出は、ただ懐かしいのとは違い
自分の記録であり、これから先に続く仕事への確認になった。

 

父の詫び状は父への感謝状とも取れるエッセイである。
知らぬ間に私にもたくさんの詫び状が出来ている。

 

 

 


 

Brand New 😆 

 

↓ 新しい学び舎での勉強会ROOTSのHPはコチラ

http://www.fumiyu.jp

 

↓ 師匠復活のblogはコチラ

http://www.fumiyu.jp (四月一日より)

 

 

 

 

2015年3月17日|日記0 コメント

梅は咲いたか

こう寒暖の差があっちゃ

こう天気にムラがあっちゃ

 

からだもしんどいんである。

 

 

最近、夜中々眠れない。

 

とおっしゃる方も、

 

最近、気絶したように気が付いたら寝ている。

 

という方も、

 

 

ともに自律神経が乱れていることや

 

ともに背中が硬くなっているであろうことに

 

違いはないのであります。

 

 

こういう時のからだは

 

かってに緊張して筋肉が硬くなりがちです。

 

 

そして知らないうちに疲労しているもの。

 

最近、どーっしても夕飯を作りたくないのはそのせいです。

 

 

梅は咲いたか、桜はまだかいな。

 

 

春は花の色を楽しむために

 

ちょっとボーっとするよう身体が仕向けるのかもしれません。

 

2015年3月7日|自律神経0 コメント