オカメ物語

もともとは和裁士でした

私はもともと和裁士で、全国大会などにも出させていただきそれなりに頑張っていました。
和裁というのは着物を縫うだけでなく、日本の四季の花、日本人の体形のありよう、家紋・・他にもたくさんのことを知らなければ出来ない技術です。
それは私にとってとても面白い事でした。
しかしある日、ふいに思ったのです。
縫物って本当に私がやりたいことかしら?・・と。

 

ようやく見つかった好きなこと、それは…

10代のころから音楽が大好きで、「夢は叶います!」というミュージシャン達の言葉が心の中にずっとありました。
好きなことを仕事にしたい。それで身を立てたい。

しかし肝心の夢が見つからず、長らく夢を探す日々が続いていました。

そんな中ようやくみつかった、私の好きなこと、やりたいこと、
それが整体でした。

 

整体との出会い

きっかけはお肌が曲がり角を迎えたころ、体と心にも同じように曲がり角が来たことです。
肩コリがひどい頭痛をしょっちゅう引き起こし、着物を縫っていると腰や指に痛みを感じる。
今までは気にならなかった背中や、二の腕のはみ出たお肉が目についてくる。

私の人生このまま終わっていくのかな?
という小さな不安が次第に大きくなっていく・・
そんな体と心の変化が一緒になってやってきました。

人生の折り返し地点はすぐそこまで来ている。
私のからだがそれを告げている。

老いとは恐怖だということが実感としてほんの少し分かってきた頃
それは動物的本能でしょうか。
私は自分のからだを自分でメンテナンスしだしたのです。
今思えば、あれは自己整体でした。
すると、体の痛みもはみ出たお肉もすっきり落され、ついでに毎日もなんだか楽しくなりだしました。
人間の体ってすごい!面白い!体のことをもっと知りたい!
持前のオタク根性から整体スクールの門を叩き
気がつけば人様のからだをメンテナンスする日々となっていました。

 

今のねがい

健康でいること。それはあまりにも平凡な言葉ですが、
しかしそれこそが毎日を楽しく生きていくためのキーワードではないでしょうか?
痛みや不調は心や生活までもを変化させるものです。
たったひとつの痛みが自分の人生に影を落とす原因になっているとしたら。
でも、もしその痛みが自分が思うよりずっと簡単に取れるとしたら・・
多分それだけで目の前の景色は変わってくることと思います。

もしあなたが痛みによって不安を感じたなら、
あなたの明日の元気のきっかけを、私の大好きな整体で作れたらこんなにうれしいことはありません。
それが夢を見つけたいまの私の願いです。

Copyright© 2008-2017 karadakoubou OCAME all right reserved
サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。