ストレスと自律神経

過度のストレスを受けると自律神経が乱れます。

 

そんな話、聞いたことありませんか?

 

でも自律神経の実態となるとあまりよく分からないのが
実状ではないでしょうか?

 

自律神経失調症ってウツ病でしょ?とか、
気持ちの弱いやつがなるんだよ。とか、
なんだか良く分からないけど怖いわ。とか、

 

そう考えている方こそ読んで頂きたい!
「あなたの認識まちがってまっせ。本当はこわくない自律神経」
について、ここでは書いていこうと思います。

 

illust106_thumb1 そもそも、自律神経ってなんなのでしょうか?

 

自律神経ってある日突然どこかからあらわれて
「すみません。壊れちゃったんですけど。」
って、動悸とか不眠とかめまいとかのスイッチを
入れるわけではないのですよ。

 

いつも、今こうしている時にも働いているのが自律神経です。

 

そして自律神経は 交感神経 と 副交感神経
という、ふたつの神経に分けられます。

 

  image5292交感神経はおもに起きているときに働く神経です。
仕事をしたり、勉強したり、日中の活動を助けてくれる神経。

image5292副交感神経は休む時に働く神経です。
リラックスしている時や寝ているときに働く神経。

 

このふたつの神経は互いに反対の作用をもたらします。

 

例えば交感神経が血圧や脈拍を上げるのにたいし、
副交感神経は血圧をさげて脈拍を下げる働きをします。

 

もちろん働きはこれだけではありませんが
こういったお互いの働きをバランスよく調整して
私たちが快適に生活できるようにサポートしてくれるのが
自律神経です。

 

逆にいうと、この働きが鈍くなるのが自律神経失調症。

 

ですから、自律神経は
「この根性無しの無神経男!!」
と罵倒する時に指す感情の神経でももちろんなく
電気のスイッチのようなもっと冷静で
機能的な神経の事を指します。

 

 

Copyright© 2008-2017 karadakoubou OCAME all right reserved
サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。