アイス食べて頭痛くなる筋

アイスを食べるとこめかみがキーン。
みなさん経験ありますよね。

なんでアイス食べるとキーンとするんだ!!

そんな質問に今日はお答えします。

答えは胸鎖乳突筋が急激に冷やされるから。
胸鎖乳突筋とは首の全面にある筋肉。
耳の後ろあたりから、鎖骨にかけて付いている筋肉です。
頭痛関連筋であるこの筋肉が冷やされることで
頭がキーンとするのです。

でもこの筋肉。アイスのためだけにある訳じゃないんですよ!
(あたりまえか・・)
頭と上半身をつなぐ重要な筋肉です。
さらに背中の筋肉をエプロンのタスキのように支えてあげる筋肉でもあります。
ですから、猫背で顔が前に出ているひとなんか、カチコチ。

仰向けに寝た時に顔が自然に横を向いてしまうあなた。
向いてしまう側の胸鎖乳突筋が縮んでますよ!

ちなみにストレスにも関係する筋肉です。
胸鎖乳突筋を健やかに保って、体のストレスを取り除きましょうね!

2009年6月18日|日記0 コメント

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする




※メールアドレスは公開されません。



トラックバック

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックURL

※この記事への言及リンクが確認できない場合は、反映されない可能性があります。