寒さをナメたらあきまへんで

最近の寒暖の差はすさまじいものがある。

こんなんじゃ体がダメになっちゃうよ!!

誰もが動物的な直感でそう思うだろう。


ではなんで寒暖の差が激しいと体がしんどくなるのだろうか?


それは寒暖の差が体にとってストレスだから。


こう書くとヒジョーに当たり前な感がありますが

皆さんはご存じだろうか?

俗に言う「ストレス」とは4つの分類から成り立つことを。


4つとは・・

◆いわゆる精神的ストレス

◆構造的(歪みによる)ストレス

◆化学物質によるストレス


そして

◆気温・湿度によるストレス


満タンの湯船に人が入るとお湯があふれるように

例えば浴槽すれすれまででなんとか治まっていたストレスが

「あっ寒い」というストレスを投げ込まれた瞬間にあふれ出ちゃう。


そんでもって体調不良を起こしちゃう。


たかが寒さと侮るなかれ。

あったかくすること。気温以外のストレスを減らしておくことが

寒さに打ち勝つ秘訣です。

2010年2月20日|日記0 コメント

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする




※メールアドレスは公開されません。



トラックバック

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックURL

※この記事への言及リンクが確認できない場合は、反映されない可能性があります。