自律神経 その3

なんで、何でもないのにドキドキしちゃうのか!??

 

 

それは、交感神経と副交感神経の

スイッチの切り替えが上手くいかなくなったから!

 

・・芸がない。

あまりにも芸のない答えで申し訳ない。

 

 

そして、書きながら思ったのである。

 

ドキドキして困っちゃってるときに知りたいのは、

 

 

「何でもないのに」よりも

「そもそも、なんでドキドキするか?」

 

ってことではないのかと。

 

 

なんでドキドキするのか?

 

 

それは脳から「ドキドキさせて」

という指令が下るから、です!

 

 

 

・・・あたりまえじゃん!!

 

と、怒らないで欲しい。

この脳からの指令というのは、

実はひとつのキーワードなのだ。

 

 

 

「ドキドキ」というのは、ストレスを受けた時に起こす

体の「ストレス反応」と言われるものです。

 

 

ストレスを受けると、脳の「視床下部室傍核」

というところから信号が発せられ、

交感神経系にも指令が届きます。

 

 

そうして、ストレスを感じた体は

 

  • 心拍数の増加
  • 発汗
  • 血圧の上昇
  • 呼吸の増加
  • 筋肉の緊張

 

などの反応を起こします。

 

 

 

で、体感としては「ドキドキ」と、感じる。

 

 

 

ちなみにストレスとは、

恐怖や嫌悪の刺激を受けた時に起こる

体の生理的な反応のことを指します。

 

 

反応。

 

 

反応とは生体が刺激に応じて活動を起こす。

ということであるそうだが、

 

 

そうなのだ。

 

 

ストレスがかかると、ドキドキの方向へ

もう勝手に体が反応しちゃうのである。

 

 

好きになっちゃったらもう止まらない。みたいなのと一緒で、

止めれそうで止められないモノってこの世にあるんである。

 

 

 

では、もう一周回って、

 

なんで、何でもない時にもドキドキしちゃうのか!??

 

 

 

というのを、自律神経は想像力が逞しいから!

 

 

という方向から、また次回に書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2019年5月26日|自律神経0 コメント

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする




※メールアドレスは公開されません。



トラックバック

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックURL

※この記事への言及リンクが確認できない場合は、反映されない可能性があります。