自律神経 その7

(その6 から続く)

 

それはそう!

コップのメモリを満杯にさせないこと!

 

えっ、どうやって?

 

えっ!?構造的ストレスを減らせばいいって、それだけ?

 

 

・・う~む、ずいぶん大きく出たな。

 

前回(笑)

 

 

ではまず、ビーカーのメモリを満杯にさせないこと!

 

からお話していきましょう。

 

 

前回の不調パターンで考えると、

 

 

(心的ストレス 3)+(構造的ストレス 4)+

(化学物質のストレス 1)+(気温・湿度のストレス 3)

=11

 

 

コップのメモリが10を越した時、ストレスによる不調が出るよ。

とお話しました。

 

 

そこで、整体で構造的ストレスの4を取り除いたら、

コップの中のメモリは”7”で止まった!

 

 

セーフ!!

 

 

と、いう考え方である。

 

 

 

前回大きく出たので、ちょっと言いずらいのだが、

これは思っているよりずっと大切で有効なのだ。

 

 

予定を詰め込んで遊んだ行楽の帰り。

 

一生の思い出に残るほど楽しかったけど、

ムチャクチャ疲れたその車中。

 

疲れだけならまだいいけれど、

ずっと膝の痛みを我慢していたんだよ。

もう股関節まで痛いじゃん。

 

って時に、

 

あなたは心から家族に思いやりをもって

接することができますか?

 

 

と、イメージしてもらうと分かりやすいと思う。

 

痛みとは当然ながら、それだけでストレスなのだ。

 

 

ただねぇ、架空のメモリの話をされてもね。

実感として湧かんなー、ちょっと。

と、いうアナタ。

 

私も、最初に習ったときには

なるほど~!とは思ったけれど、

実感としては掴めなかったことを覚えています。

 

 

そこで、

 

「すでにストレスになっている痛み」

 

ではなく、

 

「ストレスがかかることで痛みに繋がるからだの反応」

 

を、

 

からだの構造的な目線から見ていきたいと思う。

 

 

 

大丈夫か!?こんなに大きく出て。。。

 

 

でもそれは、、、また次回!!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする




※メールアドレスは公開されません。



トラックバック

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックURL

※この記事への言及リンクが確認できない場合は、反映されない可能性があります。