いちにちいちじぇん

会話とはひょんなトコからひょんなコトへと飛んでいく。

 

先日はホープとコロナの話から、笹川会長のCMは

何曜日のどんな番組で見たか、という話になった。

 

とっじまりよーじんっ♫と子供たちが歌う日本船舶協会の

アノCMである。ある年齢以上の方ならすぐに思い出すだろう。

 

ホープは愛知出身で、私は静岡出身で家族構成も育った環境も

全然違うけど、そのCMに感じたインパクトと、笹川会長という

人物像を知っていく過程は、だいたい同じだったのが面白い。

 

いちぃにちぃ いちじぇんっ!!

幼いホープは一生懸命これを実行したそうである。

 

さて、コロナに縮み上がって人に施すみたいなことは、

それこそじぇんじぇん脳ミソの片隅にも見当たらなくなっていた

休業直後の頃。

 

わたしは、お客さんからそれを思い出させてもらうことになる。

 

営業自粛で予約のキャンセルをお願いする連絡を取り終えると、

残ったのはガランとした仕事部屋だけになった。

そしてその頃から、日にぽつぽつとお客さんから

連絡が入るようになった。それは、

 

休業明けの予約や、送付してあるニュースレターの感想、

マスクのストックがあるから必要なら譲るという申し出でだった。

 

それはそれは大きな励みであった。

 

お客さんからの元気な声は、未来の時間の光を見せてくれる。

そして、自分の歩いてきた過去という道のりを確認させてくれた。

 

今という時間に未来と過去という連鎖が生まれると、

閉塞された目の前の時間が動き出していくのがわかるのだ。

 

 

こうしていただいたものを、私は自分の仕事で

ちゃんと返していかなければな、と思う。

 

今日は5月7日。

 

現時点ではまた営業を再開していない。

静岡県の感染状況の推移をあと少し見守るつもりである。

 

早く、再開できますように。

 

 

 

 

2020年5月7日|おかめ日記0 コメント

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする




※メールアドレスは公開されません。



トラックバック

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックURL

※この記事への言及リンクが確認できない場合は、反映されない可能性があります。