似る

ゴッドファーザーⅢを観た。

 

ゴッドファーザーⅠのマーロンブランド役の、

その血を色濃くもって生まれた孫として

Ⅲではアンディガルシアが登場していた。

 

Ⅱでは、マーロンブランド役の若い頃を

若かりしロバートデニーロがつとめていたのだが、

 

アンディガルシアの立ち方や瞳の似せ方が、

そのデニーロそっくりで、

残念ながらⅠやⅡには見劣りするけれども、

思わず、甥の成長を見るような気持ちで観てしまった。

 

年を食った特権である。

 

 

もう、

 

ほんとうに、

 

どうでもよ過ぎる話ですみません。

 

ゴッドファーザー、好きなんです。

 

 

さて、DNAっていうんでしょうか。

体もやっぱり親子で似るモンです。

 

父、息子、娘で痛いところが同じ。

 

とか、

 

母娘ともに、同じ関節の屈曲域が狭いとか。

 

ある一定の年を超えてきたら

急に体型や姿勢がお母さんに似てきた。

 

とか。

 

皆さんにも心当たりがあるかもしれませんね。

 

 

そして、

 

 

娘は”悪いとこばっかり似た”と文句を言い、

母は”悪いとこばっかり似た”と文句を言われる。

 

と、いう話もよく聞くのでした。

 

 

 

親子ってやっぱりいいんだね。

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする




※メールアドレスは公開されません。



トラックバック

この記事へのトラックバックはありません。

トラックバックURL

※この記事への言及リンクが確認できない場合は、反映されない可能性があります。