一徹

AIが未来の仕事を変え

5Gが私たちの生活を変える

 

今年の正月頃には、

これから起きる社会の大きな変化はそれであった。

しかし、そんな話もすっかり中心から反れて、

 

AIや5Gで生活が変化する前に

コロナで瞬く間に生活が一変してしまった。

 

戦時中は善だったものが

8月の日を境に悪になったのと同様に、

昨日まであったものがなくなり、

昨日まで普通だったことが、普通じゃなくなる。

 

今、皆がしんどいのは

そんな急激な価値観の変化を強いられているからだ、

とテレビで言っていた。

 

 

なるほどなぁ。

 

 

価値観と言えば、これほど整体という仕事が

一般的になったのも一つの価値観の変化であった。

 

”骨盤矯正”

 

の登場である。

 

 

骨盤は歪むよ、

骨盤は体の土台だから、それが歪むと他も歪むよ。

スタイルも悪くなるよ。

肩や腰の痛みの原因にもなるよ。

 

 

という情報が、若い女性の雑誌にまで

普通に取り上げられるようになり、

整体をとりまく環境は随分と変わったのだ。

 

 

価値観が変わば、見えないものが見えてくる。

 

どうせなら、キラキラした楽しいものに目を向けていこう。

 

 

似る

ゴッドファーザーⅢを観た。

 

ゴッドファーザーⅠのマーロンブランド役の、

その血を色濃くもって生まれた孫として

Ⅲではアンディガルシアが登場していた。

 

Ⅱでは、マーロンブランド役の若い頃を

若かりしロバートデニーロがつとめていたのだが、

 

アンディガルシアの立ち方や瞳の似せ方が、

そのデニーロそっくりで、

残念ながらⅠやⅡには見劣りするけれども、

思わず、甥の成長を見るような気持ちで観てしまった。

 

年を食った特権である。

 

 

もう、

 

ほんとうに、

 

どうでもよ過ぎる話ですみません。

 

ゴッドファーザー、好きなんです。

 

 

さて、DNAっていうんでしょうか。

体もやっぱり親子で似るモンです。

 

父、息子、娘で痛いところが同じ。

 

とか、

 

母娘ともに、同じ関節の屈曲域が狭いとか。

 

ある一定の年を超えてきたら

急に体型や姿勢がお母さんに似てきた。

 

とか。

 

皆さんにも心当たりがあるかもしれませんね。

 

 

そして、

 

 

娘は”悪いとこばっかり似た”と文句を言い、

母は”悪いとこばっかり似た”と文句を言われる。

 

と、いう話もよく聞くのでした。

 

 

 

親子ってやっぱりいいんだね。

 

 

 

性格と痛み

性格のタイプは痛みや姿勢、歪みに影響するか?

 

と、問われればYESであろう。

 

Iさんは姉妹でオカメに通ってきてくれているのだが、

ハンドメイドが二人そろってお好きなようで

ある時、それぞれに手作りビーズの作品を持ってきてくれた。

 

お姉さんのはパッと見て、華やか。

そして、途中でちょっとゴニョゴニョあっても

最終的に辻褄があっていれば大丈夫ヨ!

という作品。

 

妹さんのは小さな作品であったが

縦横のビーズが全て90度の角度で並ぶ

どこから見てもカッチリとした作品であった。

 

姉妹でも違うもんだなぁと

ほほえましく感じたものである。

 

 

 

こういうのはやっぱり、性格である。

 

そしてこういうのは、やっぱり体に現れる。

 

 

 

それがとくに分かりやすいのが、妹さんのタイプ。

 

 

とにかく丁寧で一生懸命やっちゃうもんだから

体に入る緊張が多い。

体がため込むストレスも多い。

 

 

ビーズを操る手や腕の筋肉から、

姿勢に関わる首や脊柱、

呼吸などの自律神経に関係する筋肉まで

 

ぜーんぶカチンコチンになっちゃうパターンである。

 

 

因みに緊張とストレスは体にとって同意語である。

 

 

でもって、もっと因みに言えば

オカメはこのタイプの体が

もう、やんなっちゃうくらいスキである。

 

初診の問診でこのタイプの症状だと分かると

思わずニッコリしちゃうくらい。

 

 

全国の妹さんタイプの皆さん。

何かに集中している時にちゃんと呼吸してますか?

フッと力を抜くときを、持ってくださいね。

 

 

 

 

 

昼下がりの

寒さで背中がコリッコリにこっちゃってたりする

今日この頃。

 

 

「寒さで背中にコリが間借りしちゃっててね、、、」

 

 

なんて言いながら、

 

 

間借りされちゃうと・・・

  • 肩甲骨の位置が歪んだり
  • 体への刺激を逃がしてくれる脊柱の動きが悪くなったり
  • 自律神経が乱れたり

 

してね、それで・・

  • 首を動かすと痛みが出たり
  • 腰が重くなったり
  • 下痢とか便秘になったり
  • イライラしたり

 

するだよ。

 

 

などと説明する機会が増えている。

 

 

 

ところで、

 

 

「いくら(家賃)ならコリに間借りさせてもいいと思う」

 

と、聞いてみたところ

 

 

「う~ん、家賃もらっても・・イヤかも。」

 

と、いうご返答に

 

 

「そりゃそうだよな」

 

と、思うのであった。

 

 

 

 

 

健康って、

 

身体がラクって、

 

 

お金にゃかえられないのだ。

 

 

 

因みに

 

「旦那の背中なら、年間100万でどう?」

 

と聞いたなら、しばしの沈黙にて

 

 

 

「よろこんで貸す」

 

との、ご返答。

 

 

 

「だよね」

 

 

と、さらに返した昼下がりなのであった。

 

 

 

 

 

お父さんの(ような)背中

先に書くと、タイトルから想像するような

フンワリしたお話ではない。

 

自分の体なんて

あんまりまじまじ見る事なんか、

よっぽど美容にこだわってでもいない限り

ないのではないか。

 

顔のシミでも、皺でも、あるとき急に気がづいて

やたら気になるようになるもんである。

 

ましてや自分の体の後ろ側の

見ようとしても見えない場所なんてとくに。

 

しかし、何かの加減で不意に

以前より広くなった背中が

目に入ってきたりすることがある。

 

確かに子供は育てたけど、

その包容力が背中に出なくったっていいじゃない。

 

そう、少したくましくなった背中に

ひとりごちたりした皆さん、本題である。

 

 

●結婚式の時は華奢な肩だと言われた。

 

●以前より鎖骨が下の位置にある。

 

●水泳選手でもないのに、肩の上の肉が最近よく見える。

 

 

という変化を伴っていないだろうか?

 

以前より背中が広くなった場合、

”肩甲骨の位置が歪んできている”

可能性が高い。

 

 

肩甲骨は肩や腕と共に動く。

そして肩甲骨は、肩関節の可動の自由度を増すために

オノヨーコがそう叫ぶよりフリーダムに出来ている。

 

 

と、いう訳で肩甲骨の歪みをとると

体はタイムトンネルをくぐって、

娘だった頃の背中にもう一度近づけたりする。