お父さんの(ような)背中

先に書くと、タイトルから想像するような

フンワリしたお話ではない。

 

自分の体なんて

あんまりまじまじ見る事なんか、

よっぽど美容にこだわってでもいない限り

ないのではないか。

 

顔のシミでも、皺でも、あるとき急に気がづいて

やたら気になるようになるもんである。

 

ましてや自分の体の後ろ側の

見ようとしても見えない場所なんてとくに。

 

しかし、何かの加減で不意に

以前より広くなった背中が

目に入ってきたりすることがある。

 

確かに子供は育てたけど、

その包容力が背中に出なくったっていいじゃない。

 

そう、少したくましくなった背中に

ひとりごちたりした皆さん、本題である。

 

 

●結婚式の時は華奢な肩だと言われた。

 

●以前より鎖骨が下の位置にある。

 

●水泳選手でもないのに、肩の上の肉が最近よく見える。

 

 

という変化を伴っていないだろうか?

 

以前より背中が広くなった場合、

”肩甲骨の位置が歪んできている”

可能性が高い。

 

 

肩甲骨は肩や腕と共に動く。

そして肩甲骨は、肩関節の可動の自由度を増すために

オノヨーコがそう叫ぶよりフリーダムに出来ている。

 

 

と、いう訳で肩甲骨の歪みをとると

体はタイムトンネルをくぐって、

娘だった頃の背中にもう一度近づけたりする。

 

 

だいたいみんないっしょ

お客さんとのおしゃべりで感心するのは

「科捜研の女」をうっかり見ちゃうひとの多さである。

かくいう私もうっかり視聴しちゃう一人だが、

 

 

「3時かぁ。科捜研みてちょっとゆっくりしようかな。

 

あぁ、これ前に見たことあるなぁ。

犯人もストーリー展開も覚えてるなぁ。

っていうか、何回同じ放送見てるんだろうなぁ。

 

あっなんだよ、4時から相棒だよ。

まぁ見ちゃえ。

 

え~5時じゃ~ん。

誰が夕飯作るんだよぅうううぅ。」

 

という一連のパターンには多くの女性の共感が存在する。

 

 

 

だいたい考えることはみんな一緒ってわけである。

 

 

 

整体の範疇にある痛みが起こる原因や、

痛みの出るパターンも(大雑把にいえば)

だいたいみんな一緒である。

 

 

例えば、産後の不調には

お尻の後ろや横、鼠蹊部や膝が痛くなったりすることや、

場合によって尿漏れが起きだす・・

ような症状が圧倒的に多い。

 

 

お腹が大きくなるのも

それに伴って身体のバランスが変わるのも

出産で骨盤にストレスがかかるのも

産中にとるラクな姿勢も

産後の授乳の不安定な姿勢も・・・

 

だいたいみんな同じなわけだから、

そりゃ不調の出方も同じになりやすい訳である。

 

 

そう。だいたいみんな一緒なんである。

 

 

ちなみに、尿もれを切り出す際、

20代前半は問診の最後に消え入るような声でじもじと言うのも

20代後半が深刻な顔をして言うのも

30代が冷静に状況を述べるのも・・・

 

 

やっぱりそれもだいたいみんな一緒である。

 

 

2015年2月12日|姿勢について0 コメント

バランスのいい女

四十の手習い。という言葉があるが

今年の夏はまさにソレだった。

 

(パドル)サーフィンを始めたのだ。

 

海は眺めるものであり、物思いにふける場所であり、

失恋した時に日がな一日本を読む場所であって、

入る場所ではないのだ。

 

と、ずっと信じて生きてきた。

人生とは何が起こるかわからないものである。

 

さて、海は入る場所ではない。

と断言できるほどの運動音痴であるのだが、あれ不思議。

サーフィンの板の上で意外にもバランスをとっていることが出来る。

 

なぜか。

 

実は女性は男性よりもバランスがいいものであることを

皆さんは知っているだろうか。

 

女性は妊娠時にお腹が膨らむ。お腹がただ膨らんでるだけでしょ?

と、思ったら大間違いである。

 

お腹が膨らむと腰椎は前方へ引っ張られる。

そして骨盤も普通であれば前方へ傾く。

これはとても大きなバランスの変化なのだ。

 

この変化を女性が受け入れられるのは

体のバランスのとり方が男性より優れているからである。

 

運動って苦手だわぁ~というあなたも、

バランス重視のスポーツなら楽しめるかもしれませんよ!

 

2013年10月11日|姿勢について0 コメント

背中が丸まっちゃうことについて

座っていると背中がまるまる。

いわゆる猫背の姿勢になってしまう。

 

「もぉねぇ・・・長年の癖で、気をつけようと思っても

気が付くと猫背になってるんだよねぇ。。。」

 

猫背のかたの多くはなんで丸まってしまうんだと首を傾げる。

そしてそれは長年の癖だと諦めてしまう。

 

猫背には確かに諸々の問題があるけれど

そのなかの大きな問題として

 

「背中の筋力の衰え!」があると知っておいて頂きたい。

 

筋力の衰え。ふーん。じゃありません。

 

猫背のために背中だけが加速度的に老人になっている。

ということです。

 

背筋の働きで自分の上半身をぐぐっと支えられない。

 

頬のたるみやおでこの皺を見つけたら

老いに恐怖を感じるはず。

 

背中だって同じです。

背筋が衰えれば見た目の老化だってきっちり醸し出します。

もちろん機能的な衰えもきっちり出てきます。

 

気が付いたら以前より一回り大きい背中になっていた。

 

それは人間的な成長ではありません。

背筋の衰えです。

 

筋肉はテレビの前の亭主より

よっぽど忠実にあなたの意思と努力を反映してれます。

 

背筋をきっちり動かして

背中年齢をまきもどしましょう!

 

 

 

2013年4月20日|姿勢について0 コメント

ムーミンの横顔

腹筋を始めた。毎日の習慣としてそろそろ2か月が経つ。

 

座り姿を横から見ると明らかにフィンランドの妖精

「ムーミン」の顔の輪郭を呈している我が腹。

 

ムーミン的輪郭については大して問題と思っていなかったが

(夫にとっては大問題だったようだが)

ムーミンのおかげでお腹の冷えや肩コリ、頭痛が

気になるようになってきた。

 

いや、正確に言うと腹部の筋肉が脆弱しちゃってるがゆえ

2次被害的に問題が出始めたのだ。

 

そこで一念発起、腹筋を始めた。

なんでもそうだが出来るようになると楽しいものである。

 

体の反動ではなく腹の筋で腹筋が出来るようになった時

恥ずかしながら喜びで顔がほころんだのが分かった。

 

寒くなり始めた今の季節は体にも負担がかかりやすい時。

鏡にムーミンを見つけたらあなたも腹筋、始めてみちゃどうだろう。

 

 

2012年10月15日|姿勢について0 コメント