性格と痛み

性格のタイプは痛みや姿勢、歪みに影響するか?

 

と、問われればYESであろう。

 

Iさんは姉妹でオカメに通ってきてくれているのだが、

ハンドメイドが二人そろってお好きなようで

ある時、それぞれに手作りビーズの作品を持ってきてくれた。

 

お姉さんのはパッと見て、華やか。

そして、途中でちょっとゴニョゴニョあっても

最終的に辻褄があっていれば大丈夫ヨ!

という作品。

 

妹さんのは小さな作品であったが

縦横のビーズが全て90度の角度で並ぶ

どこから見てもカッチリとした作品であった。

 

姉妹でも違うもんだなぁと

ほほえましく感じたものである。

 

 

 

こういうのはやっぱり、性格である。

 

そしてこういうのは、やっぱり体に現れる。

 

 

 

それがとくに分かりやすいのが、妹さんのタイプ。

 

 

とにかく丁寧で一生懸命やっちゃうもんだから

体に入る緊張が多い。

体がため込むストレスも多い。

 

 

ビーズを操る手や腕の筋肉から、

姿勢に関わる首や脊柱、

呼吸などの自律神経に関係する筋肉まで

 

ぜーんぶカチンコチンになっちゃうパターンである。

 

 

因みに緊張とストレスは体にとって同意語である。

 

 

でもって、もっと因みに言えば

オカメはこのタイプの体が

もう、やんなっちゃうくらいスキである。

 

初診の問診でこのタイプの症状だと分かると

思わずニッコリしちゃうくらい。

 

 

全国の妹さんタイプの皆さん。

何かに集中している時にちゃんと呼吸してますか?

フッと力を抜くときを、持ってくださいね。

 

 

 

 

 

昼下がりの

寒さで背中がコリッコリにこっちゃってたりする

今日この頃。

 

 

「寒さで背中にコリが間借りしちゃっててね、、、」

 

 

なんて言いながら、

 

 

間借りされちゃうと・・・

  • 肩甲骨の位置が歪んだり
  • 体への刺激を逃がしてくれる脊柱の動きが悪くなったり
  • 自律神経が乱れたり

 

してね、それで・・

  • 首を動かすと痛みが出たり
  • 腰が重くなったり
  • 下痢とか便秘になったり
  • イライラしたり

 

するだよ。

 

 

などと説明する機会が増えている。

 

 

 

ところで、

 

 

「いくら(家賃)ならコリに間借りさせてもいいと思う」

 

と、聞いてみたところ

 

 

「う~ん、家賃もらっても・・イヤかも。」

 

と、いうご返答に

 

 

「そりゃそうだよな」

 

と、思うのであった。

 

 

 

 

 

健康って、

 

身体がラクって、

 

 

お金にゃかえられないのだ。

 

 

 

因みに

 

「旦那の背中なら、年間100万でどう?」

 

と聞いたなら、しばしの沈黙にて

 

 

 

「よろこんで貸す」

 

との、ご返答。

 

 

 

「だよね」

 

 

と、さらに返した昼下がりなのであった。

 

 

 

 

 

雪の女王

このご時世なんだし、

とりたてて話が逸れる訳じゃなし、

 

タイトルに「アナ」と付け加えればいいじゃないか。

と思うのだが、

 

「巨人と千代の富士は強いから嫌いだ。」

 

という父親に育てられた娘のサガであろう、

どうも国民的に流行ったものに臆病である。

 

 

 

さて、いよいよ12月。

一年なんてあっという間よ、本当に。

 

そして、今日は暖かかったけど、

12月に入ってグンと寒くなりました。

 

そのグンという寒さが、

11月にすでになんだかおかしくなっちゃってる体に

さらにのしかかっている観が強い。

 

 

体にとっては気温の変化もまたストレス。

 

そう、ストレスとは心的なものだけにあらず。

なのである。

 

 

そんなわけで、雪の女王が首筋に息を吹きかけたか!

と、見紛うほどに首から頭の付け根が

カチーンなっちゃってる方が多い。

 

そして、女王の袂も長く垂れたドレスに

深く抱きしめられたか!と、思うほど背中も

カチョーンとしゃちほこばっているのである。

 

だいたいこういう時にはお腹も

もう、どうしていいかわかんなーい!

という風に張っていたりして、

 

そしてだいたい、もうどのくらい体がしんどいのか

よく分からなくなっていることが多いのだ。

 

 

そういう時は、体の力を抜かせてあげるのが大事である。

 

 

あと一か月、私もアナタもタッシャでがんばりましょ!

 

 

2018年12月5日|疲労、ストレス0 コメント

におい

新聞によると、

 

「資生堂は、人が緊張やストレスを感じた際に、

皮膚から特徴的な臭いを持つ「ストレス臭」が

発生することを発見した」

 

そうである。

 

このストレス臭は

「ジメチルトルスルフィド」

「アリルメルカプタン」

という二つの成分が臭いのもとになるそうで、

この二つのカタカナの羅列を書き写すだけで

ちょっとしたストレス臭を発しそうであった。

 

 

さて、ストレス臭がそんな成分だったとは

知らなかったけれど、

体の変化に、体の臭いが伴うのは

商売柄感じることである。

 

 

人間の体からは実に様々な情報が発信されている。

 

 

歩く姿勢や体のバランスなど歪みに繋がることは勿論

臭いや、しゃべる速度、体温などもバロメーターになる。

 

 

そして、当たり前だけど関係が長くなればなるほど

その情報は多くなっていく。

 

 

今日は元気かな。

元気そうだけど体はまいっていそうだな。

今日はやりがいがありそうだぞ。

 

 

口幅ったくて恐縮だが、

施術が終わって笑顔がこぼれたとき、

よかったなぁと思うのである。

 

 

 

2018年10月14日|疲労、ストレス0 コメント

夏の過ごし方

”ストレスってわかった?”

 

先日の健康講座はストレスについてでしたが、

ストレスの起きやすいシチュエーションを例えた後、

参加してくれた小学2年生の女の子にそう質問してみた。

 

すると、彼女は小さい手を口元に当てて、

少し小首を傾げながら困ったように笑って言った。

 

”分からない”

 

 

あぁ、なんて素敵な答えだろう。

 

と、思った。

 

 

多分まだ、ストレスという概念がないのだろうなぁ。

 

そしてそれは、とても素敵なことである。

 

 

 

 

さて、熱いというのか、蒸すというのか、とにかく

 

何にもしたくないぜー!!

 

というような気候です。

 

 

 

こういう時、残念ながらその状況を体は”ストレス”

と、判断します。

 

 

この場合は、

 

”暑くてやんなっちゃう”という心的ストレス

”気温”という直球で体が受ける、身体的ストレス

 

 

の2種類がかかっていると考えられますが、

 

 

心的ストレスと、身体的ストレスは、

脳の中で違う経路をたどりながら、

最終的には同様の場所でストレスと判断されます。

 

 

そして、体にストレス反応が引き起こされるのです。

 

 

 

 

体が受ける気温のダメージはどうしようもありませんが、

せめて、心の持ちようぐらい楽しく行きたいものです。

 

 

だって、夏は楽しいことがいっぱい待っている季節。

 

 

これからはじまる楽しいことをいっぱい考えれば、

心的ストレスなんてブッ飛んでいきます!

 

 

そもそも小学2年生のときには

”ストレス”なんて知らなかったんだしね!

 

 

 

 

2018年7月13日|疲労、ストレス0 コメント