自律神経 その2

今回は、

 

前回の「なんで!!?」

 

の続きを。

 

 

の前に、そもそも自律神経とはなんなのか?

 

というお話からはじめたいと思います。

 

 

自律神経とは、ざっくり言うと

内臓の働きをコントロールしたり、

体内の環境を整えてくれる神経です。

 

交感神経と副交感神経というふたつの神経が存在し

常にそのどちらか一方が働いてバランスを取っているため、

そのバランスが崩れてしまうと

あまり芳しくないわけであります。

 

呼吸や血流も自律神経の働きとなりますが、

例えばマラソンした後は体(脳)が酸素を欲しがるため、

心拍数を上げ、血管を収縮し、血流を上げる。

 

これは自律神経でも交感神経の作用となりますが、

この働きは、すこぶる正しくて、

私たちの体にとって大歓迎なわけです。

 

しかしたまに、走った後でもないのに

心拍数が上がったり、血管が収縮したりする場合があります。

 

それが、自律神経の乱れた状態。

と言われるパターンです。

 

 

なんでも無い時にドキドキしてくるなんて

どう言うこと!!

 

なんか、、、不安だわ。

 

となって、

 

アレ、なんか、、、もっとドキドキしてきちゃう。

 

 

なんてことも、パターンとしてあります。

では、

 

 

なんで何でもないのにドキドキするんだ!

 

その上、ドキドキしたらドキドキして、

なにやらもっとドキドキしてきたじゃないか!!

 

 

という状態はなぜ起こるのか?

 

というのをまた次回に書きたいと思います。

 

 

 

 

 

2019年5月17日|自律神経0 コメント

自律神経 その1

ゴールデンなウィークも終わり、後は働くのみ(笑)

 

しかし、自分の力を求めてくれる場所があるというのは

実はけっこう幸せなことなのかもしれません。

 

レッツ ポジティブ シンキング!

 

 

出不精の過ぎるオカメも海とBBQを一日で満喫し

あとは地味になりをひそめていたのでありました。

 

 

さて、連休中にインターネットを覗いてみると

「今年は通常より長い休みの分だけ、

連休明けは5月病が出やすいよ。

自律神経も乱れやすいよ。」

みたいな記事をよく目にしたように思います。

 

それはなぜなのか?

は、インターネットに沢山書いてあったので、

ちょっと違う切り口から。

 

 

さて「自律神経」、どんなイメージがありますかね。

 

 

底知れない穴の中に引き込まれるような

謎の支配神経のような

そんな怖さをイメージする方もいるかもしれません。

 

しかし、自律神経はちっとも怖いものではありません。

翼くんの「ボールは友達」と同様に

親しみ深い、煎餅食って寝っ転がってる

今この時も働いている神経です。

 

 

不特定な症状を出す(感じる)ので

恐怖にかられる気持ちも、

実際、恐怖に駆られてこられる方も多いですが、

でも、病院で「自律神経からですね」

と言われたら、ひとまず安心してください。

 

 

なんで!!?

 

 

それはまた次回。

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月9日|自律神経0 コメント

性格と痛み

性格のタイプは痛みや姿勢、歪みに影響するか?

 

と、問われればYESであろう。

 

Iさんは姉妹でオカメに通ってきてくれているのだが、

ハンドメイドが二人そろってお好きなようで

ある時、それぞれに手作りビーズの作品を持ってきてくれた。

 

お姉さんのはパッと見て、華やか。

そして、途中でちょっとゴニョゴニョあっても

最終的に辻褄があっていれば大丈夫ヨ!

という作品。

 

妹さんのは小さな作品であったが

縦横のビーズが全て90度の角度で並ぶ

どこから見てもカッチリとした作品であった。

 

姉妹でも違うもんだなぁと

ほほえましく感じたものである。

 

 

 

こういうのはやっぱり、性格である。

 

そしてこういうのは、やっぱり体に現れる。

 

 

 

それがとくに分かりやすいのが、妹さんのタイプ。

 

 

とにかく丁寧で一生懸命やっちゃうもんだから

体に入る緊張が多い。

体がため込むストレスも多い。

 

 

ビーズを操る手や腕の筋肉から、

姿勢に関わる首や脊柱、

呼吸などの自律神経に関係する筋肉まで

 

ぜーんぶカチンコチンになっちゃうパターンである。

 

 

因みに緊張とストレスは体にとって同意語である。

 

 

でもって、もっと因みに言えば

オカメはこのタイプの体が

もう、やんなっちゃうくらいスキである。

 

初診の問診でこのタイプの症状だと分かると

思わずニッコリしちゃうくらい。

 

 

全国の妹さんタイプの皆さん。

何かに集中している時にちゃんと呼吸してますか?

フッと力を抜くときを、持ってくださいね。

 

 

 

 

 

昼下がりの

寒さで背中がコリッコリにこっちゃってたりする

今日この頃。

 

 

「寒さで背中にコリが間借りしちゃっててね、、、」

 

 

なんて言いながら、

 

 

間借りされちゃうと・・・

  • 肩甲骨の位置が歪んだり
  • 体への刺激を逃がしてくれる脊柱の動きが悪くなったり
  • 自律神経が乱れたり

 

してね、それで・・

  • 首を動かすと痛みが出たり
  • 腰が重くなったり
  • 下痢とか便秘になったり
  • イライラしたり

 

するだよ。

 

 

などと説明する機会が増えている。

 

 

 

ところで、

 

 

「いくら(家賃)ならコリに間借りさせてもいいと思う」

 

と、聞いてみたところ

 

 

「う~ん、家賃もらっても・・イヤかも。」

 

と、いうご返答に

 

 

「そりゃそうだよな」

 

と、思うのであった。

 

 

 

 

 

健康って、

 

身体がラクって、

 

 

お金にゃかえられないのだ。

 

 

 

因みに

 

「旦那の背中なら、年間100万でどう?」

 

と聞いたなら、しばしの沈黙にて

 

 

 

「よろこんで貸す」

 

との、ご返答。

 

 

 

「だよね」

 

 

と、さらに返した昼下がりなのであった。

 

 

 

 

 

だいたいやねぇ

だい-たい【大体】とは、

細かい点を除いた主要な部分。

また、全体を大づかみにしたところ。おおよそ。

という事らしいが、今の体調を大づかみにすると

こんなことが言える。

 

 

 

今は「お腹冷えてます」ブームの真っ最中!です。

 

 

 

あの暑い日々のクーラーとかカキ氷なんかが

知らないうちにお腹を冷やしちゃったパターンである。

 

お腹が冷えていると何か問題があるかと言えば、

 

 

・むくみ

・便秘

・下痢

・イライラ

・疲労、だるさ

 

 

なんかの症状が体に出やすくなる。

 

 

と言うわけで、

只今「お腹の調整」が絶賛好評中である。

 

 

 

ところで昨日、今日とちょっと秋めいてきた。

この天気がいつまで続くか分からないけど

(個人的にはもうそのままでいて欲しい)

 

こういう天候の変化はまた、

それ相応の体の変化をもたらしてきたりする。

 

 

 

人は天候に影響されるのだ。

 

 

 

それにしても、人間が自然の移ろいに

体を左右されると考えるとちょっと面白い。

 

 

 

人間も自然のいちぶなんだな。と、思ったりして。

 

 

 

 

 

 

2018年8月18日|自律神経0 コメント