背中の張り

「丸い卵も切りようで四角 モノは言いよで角が立つ」

 

・・・なんて、ニッポンには洒落た唄がございますけれども、

わたくしオカメも

 

60歳まであと20年かぁ・・・

 

と、時の早さと儚さに心喘ぐときは

 

60歳まであと20年・・・働くんだぁぁぁ

 

と、視点を変えて己の心に角を立てないように努力しています。

 

 

そう。己の心に角を立たせちゃいけません。

なぜならソレ即ちストレスになっちゃうからね。

 

最近、背中が張るとお思いのアナタ。

とくに他人ごとではありませんよ。

 

秋は木の葉とともに自律神経も乱れ落ちる季節なり。

 

背中の張りを感じたら、そりゃ体がストレスを感じている証拠です。

ゆっくり深呼吸をして肩を回してあげましょう。

 

やる気のない我が子に踏んでもらう背中より

遙かにラクになりまっせ!

 

2013年10月22日|自律神経0 コメント

ストレスの対処法

御歳76歳の左とん平が

「健康の秘訣はなんですか?」

と聞かれて答えたことが

「クヨクヨしないことだな。」

だった。

 

まさにその通りである。

 

この仕事をしているとよくわかるが

身体の状況を悪くする最大のエッセンスは

ストレスである。

 

じゃあどうしたらストレスを上手に受け流せるか。。。

と、言えばまさに「クヨクヨしないこと」

 

なぜならクヨクヨと出来事を反芻すれば、

それだけストレスにさらされ

ストレスを受けている状況が体にとって長引くからだ。

 

自慢じゃないがかく言うオカメも、

クヨクヨに対して牛の胃袋ほどの反芻能力を持っている。

最小のスペースで即座にクヨクヨしてみせる事が出来る。

 

そしてクヨクヨの反芻ほど生むものがなく、

そのくせきっちりストレスとして身体がカウントするものは無い。

と、いうことも身を持って知っている。

 

クヨクヨとは無駄にストレスを発生させる

最大の装置である。

 

 

tonnpei_200

 

まっ、そうは言ってもクヨクヨしちゃう日だってあるけどね。

2013年6月15日|自律神経0 コメント

貧乏神と福の神

例えば心因なんかに原因がある症状の場合、

症状の改善に置いて、大前提でとっても大切なことがある。

 

それは「絶対に良くなりたい!」と、いう強い意志である。

と、少なくともわたしは思っている。

 

えー!みんな健康で快適なカラダを目指してるに

決まってんじゃん。

 

と、心で唸ったアナタ。

確かにその通り。

 

でも人は時として、痛みや不調を理由にしながら

現実と対峙するのを避けちゃう場合もあったりする。

 

痛みや不調が続いていた方が都合がいいな・・・

自分でも気が付かないような心の底で

そう、ひそやかに思っていることもあったりする。

 

日本むかし話で「貧乏神と福の神」って話があった。

グータラな男の家にはビンボーを快適とする貧乏神が

さも居心地よく屋根裏で寝っ転がっている。

でも、そこに働き者の嫁が来て、

貧乏神が居づらくなっちゃう・・ってお話。

 

で、私は思うのだ。痛みや不調も、

ぴっかぴかに健全な心を宿にしたら居心地が悪かろうと。

 

だとしたら、まずはお宿の気持ちの方向が

改善においてひっじょ~うに大事ではないか。

と、考えるのだ。

 

「本当に楽しい時、大抵の痛みは忘れているものである」

 

そんな格言があるかは知らないけれど、

そう思う事柄は意外に多い気がするオカメである。

 

bi_200

居づらくなったビンボー神さん

2013年6月2日|自律神経0 コメント

やすみすみつかれ

連休には時間を惜しむように遊んだ!

人々が疲れるのはわかるけど

 

なんでほぼ家でゴロゴロしていた私が疲れるんだろう。

 

そう感じているアナタ。

 

それはからだの休め過ぎに問題があります。

 

ずーっとゆっくりしちゃったおかげで

体が働く為の機能(交感神経)を鈍らせてしまったのです。

 

カラダを起こす(だるさを改善する)には

血行を上げるのがなにより近道。

 

ちょっと外に出で縄跳びの100回もしてみましょう!

翌日にはスッキリ目覚められますよ^^

 

2013年5月2日|自律神経0 コメント

寒暖の差

それにしても、である。

 

それにしても寒暖の差がありすぎる。

 

と、思いませんか。最近。

 

 

本来四月って言うのは

 

春の陽気にぽーっとして

 

それでなんだかダルイ、眠い。

 

っていうのが定番なのだけど。

 

 

今年の4月はそこに激しい寒暖の差が加わっている。

 

ゆえに、余計に体調が崩れやすかったりします。

 

 

寒暖の差は体にとってストレス。

 

それは精神的ストレスと言われるものと同じ様に

 

体に作用します。

 

 

こういう時には背中がキュイーッッと硬くなりやすいもの。

 

背中の中の大きな骨、肩甲骨を思いきり動かして

 

背中を弛めてあげましょう。

 

 

体がホッとしますよ。

 

 

 

2013年4月13日|自律神経0 コメント