筋肉の触り方一例

「筋肉とはストッキングを被った集団である。」

 

と、いう事を皆さんはご存じだろうか。

 

筋肉はむき身のお肉ちゃんではなく

ちょっとお高いソーセージのように

薄い膜に包まれているのである。

 

その薄い膜に例えばケガなどで負荷がかかると

筋肉の不調が現れる。

逆に言えば筋膜を弛め、良好な状態にすることで

筋肉の不調は改善されやすくなるのだ。

 

そこで大事なのが筋肉(筋膜)の触り方である。

生徒時代、我が師匠にその触り方をこう教わった。

 

「スカートのしたのストッキングだけをズラスつもりで触れ!」

 

言い得て妙とはこのことである。

 

スカートとは筋膜までの皮膚や皮下脂肪のことだ。

ストッキングとはもちろん筋膜のことである。

 

オカメが筋肉をじんわり触っている時には

「あっ!やつめストッキングをズラス気だな」

と思って頂ければ幸いである。

 

2013年6月9日|からだの歪み0 コメント