ルーツ整体塾「スゴイ!」「ダイスキ!」

月に一度、卒業した学校へ技術更新の勉強会に行っている。

ルーツというのがその勉強会の名前である。

 

で、師匠が言ったのだ。

「俺はハズキルーペのCMを見た時に固まった」と。

なぜならこんなにマーケティングに即したCMはない!

からだそうである。

 

さて、今回のルーツ。

ルーツのほかにもDOJO(今までの技術の復習会)だとか、

先輩の窓(インタビューでその先生の人となりや仕事の方法をあぶりだす。今回は「からだ工房ホープらくだ」の村田先生と「カロハ」の加藤先生)だとか、

小テスト(実技と筆記。クリスマスパーティー貢献金として下位4名はバッキンガム宮殿という名の罰金が発生する)だとか、

座学(師匠)など、とにかく一日盛りだくさんの勉強会なのだが、、

 

 

だいたいバッキンガム宮殿が嫌なばっかりに、

午前中の小テストでかなりの体力が奪われることになる。

 

それでも目の前に技術という名のニンジンがぶら下がれば、

一時的にアドレナリンがでるもので、

今回は足首の施術における関節の決め方や圧着などを復習し、

四肢の技術で腱鞘炎やテニス肘の矯正を奈良の中村女史から

新たに習ってきた。

 

「中村先生、簡単なようで難しいです。この技」

 

と言ったところ、

 

「そりゃそーやでオカメ。そんな簡単に出来るんやったら、

うちも困るわ」

 

と、言われた。本当にそりゃそうである。

 

中村先生は30年くらい前から、すでにアメリカにカイロの

勉強をしに行っていた小さな体でダイナミックな矯正が目印

みたいな人である。そんな簡単に盗めるわけがない。

練習あるのみである。

さて、そんないつも通りの勉強会であったが、

唯一違ったのが座学であった。

 

11月にバースディである師匠に、

プレゼントとして、プレゼンの勉強を兼ねた

(↑コウイウのがココの勉強会のコワイところなのだ)

師匠への言葉を贈る。というのが入った。

 

自営業者を目指そう。だなんて人はだいたい変わっていて、

お腹の中の熱いものを消化しきれなくて、

どうしようもない気持ちを味わう人が多い。

そしてだいたいそういう気持ちのピークに師匠に出会って、

そこから飯が食えるようにしてもらった訳である。

皆、贈る言葉など困りはしないのだ。

 

 

さて、今回のタイトル。ちょっとオカメらしくないな

と思いませんかね。

 

師匠がいうのだ「いやありがとう。お礼と言っては何だけど、

今日の事をブログに書いてみてよ。タイトルは、、。

あっそうだ、リンクも張っとけよ。」

 

私には時々、師匠が大山倍達に見えることがある。

 

空手バカ一代のモデルになった大山倍達は、

技を追い求める高潔さと、拍子抜けするほど世俗的な愛嬌と

ビジネスの脳を合わせ持った人物だったそうな。

 

ルーツのリンク→http://fumiyu.jp/

 

師匠、リンク貼っときましたよ!

 

 

 

2019年11月20日|日記0 コメント