そうそう

ずーっと前だけれど、芹沢銈介美術館でやっていた

”イコン・タントラ・コプト展”というのが

とても面白かった。

 

”イコン”というのはギリシャ正教の聖像画だそうで

その絵の中が枠でくぎられているサマが

最近のテレビの、区切られた画面に重なった。

 

イコンは、その絵に触れて信仰するため

歴史的価値など求めることなく

ただひたすらに同じ絵を

同じように書き続ける人たちがいるそうだ。

 

それはとても面白いことだなと思う。

 

”変わらないこと”

これは、私自身のこの店のテーマでもある。

 

しかしながら、変わらないでいるためには

変わり続けなければならない。

なんだか、誰かの歌みたいだけれど、

それは、海の中でずっと同じ場所に立つ努力に似ている。

 

 

「元気だった?!!」

と、たった一ヶ月程度の、

良く考えてみると、月一の来院なら通常間隔にも拘らず、

ガラス戸の向こうにお客さんの顔が見えると

ほとんど生存確認みたいな嬉しい気持ちになってしまう。

 

 

どこにも行けなかったGWの身体は、

皆一様に背中の上の方に

頑丈な大皿を背負うかの如くの硬さをしょっている。

偏頭痛的な痛みが出た方も多いようだ。

 

ぼちぼちかけ始めた仕事場のエアコンで

足のだるさを訴える声も聞こえてくる。

 

動き出した世界の声も、変わらなくて、、イイネ。