ルーツ整体塾「スゴイ!」「ダイスキ!」

月に一度、卒業した学校へ技術更新の勉強会に行っている。

ルーツというのがその勉強会の名前である。

 

で、師匠が言ったのだ。

「俺はハズキルーペのCMを見た時に固まった」と。

なぜならこんなにマーケティングに即したCMはない!

からだそうである。

 

さて、今回のルーツ。

ルーツのほかにもDOJO(今までの技術の復習会)だとか、

先輩の窓(インタビューでその先生の人となりや仕事の方法をあぶりだす。今回は「からだ工房ホープらくだ」の村田先生と「カロハ」の加藤先生)だとか、

小テスト(実技と筆記。クリスマスパーティー貢献金として下位4名はバッキンガム宮殿という名の罰金が発生する)だとか、

座学(師匠)など、とにかく一日盛りだくさんの勉強会なのだが、、

 

 

だいたいバッキンガム宮殿が嫌なばっかりに、

午前中の小テストでかなりの体力が奪われることになる。

 

それでも目の前に技術という名のニンジンがぶら下がれば、

一時的にアドレナリンがでるもので、

今回は足首の施術における関節の決め方や圧着などを復習し、

四肢の技術で腱鞘炎やテニス肘の矯正を奈良の中村女史から

新たに習ってきた。

 

「中村先生、簡単なようで難しいです。この技」

 

と言ったところ、

 

「そりゃそーやでオカメ。そんな簡単に出来るんやったら、

うちも困るわ」

 

と、言われた。本当にそりゃそうである。

 

中村先生は30年くらい前から、すでにアメリカにカイロの

勉強をしに行っていた小さな体でダイナミックな矯正が目印

みたいな人である。そんな簡単に盗めるわけがない。

練習あるのみである。

さて、そんないつも通りの勉強会であったが、

唯一違ったのが座学であった。

 

11月にバースディである師匠に、

プレゼントとして、プレゼンの勉強を兼ねた

(↑コウイウのがココの勉強会のコワイところなのだ)

師匠への言葉を贈る。というのが入った。

 

自営業者を目指そう。だなんて人はだいたい変わっていて、

お腹の中の熱いものを消化しきれなくて、

どうしようもない気持ちを味わう人が多い。

そしてだいたいそういう気持ちのピークに師匠に出会って、

そこから飯が食えるようにしてもらった訳である。

皆、贈る言葉など困りはしないのだ。

 

 

さて、今回のタイトル。ちょっとオカメらしくないな

と思いませんかね。

 

師匠がいうのだ「いやありがとう。お礼と言っては何だけど、

今日の事をブログに書いてみてよ。タイトルは、、。

あっそうだ、リンクも張っとけよ。」

 

私には時々、師匠が大山倍達に見えることがある。

 

空手バカ一代のモデルになった大山倍達は、

技を追い求める高潔さと、拍子抜けするほど世俗的な愛嬌と

ビジネスの脳を合わせ持った人物だったそうな。

 

ルーツのリンク→http://fumiyu.jp/

 

師匠、リンク貼っときましたよ!

 

 

 

2019年11月20日|日記0 コメント

9月の健康講座レポート

うっかり10月になってしまいましたが、

9月の健康講座の模様をレポートいたします。

 

8月に続き、「歩く!!」がテーマ。

 

歩くって行為は、教わらなくても出来るものですが、

生まれて、自分にとっての歩きの正解を教えてもらう

事ってナイですよね。

 

そこで前回は自分にとって最適な歩きを知ってもらうべく、

その要となる”自分にとって最適な歩幅”を体感してもらい、

”機能を上げる歩き方”まで段階的に行っていったわけですが、

 

 

そりゃね、一回じゃ覚えられないっすよ、身体は :mrgreen:

 

 

と、いうことで!そのおさらいと、

 

 

前回、正しい歩き方が出来てもその動きが

ギクシャクする方が多かったので

足首と股関節のエクササイズを加え、

よりラクに!最適かつ、スムーズな歩き!を

体得してもらおう。

 

と、いうのが今回の健康講座でした。

 

そして、

 

 

「スムーズな動きを作るには、筋トレじゃありません。

筋肉のスイッチをオンにすることが必要です。」

 

というのが裏テーマ!だったのでありました。

 

 

 

今回もご参加の皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

次回の健康講座はいよいよ「体力測定」が

一年ぶりに登場です。

 

 

自律神経 その10

(その9から続く)

 

大事なのは呼吸筋だけではない。

 

 

というのは、

 

「体はつながっている」

 

と、いう意味である。ありふれた言い方だけど。

 

 

例えば、ブルース・リーでおなじみの前鋸筋は

呼吸補助筋として吸気時に働く。

 

 

その前鋸筋が、もう、いかんともしがたく硬くなり、

手触りとしては、生のイカの開いたのが

脇下の肋骨の側面にベタ~っと

ひっついているみたいになっていたとする。

(※生イカと感じるかどうかは施術側の個人差があります)

 

 

じゃあさ!ソレ、前鋸筋を直接弛めればさ、いいじゃん。

 

 

という、考え方も、確かに間違ってはいない。

 

 

 

でも、その原因になっているであろう場所。

 

例えば腕からとか、脊柱からとか、

はたまた骨盤からとか、

モチロン人によってその場所は違うんだけど、

 

そこからキッチリ調整をかける。

 

のとでは、やっぱり効果に差が出てくるのである。

 

 

スイッチ。

 

 

身体には、とくに、自律神経なんかで緊張した体には

ココの力が抜ければな。

 

という、スイッチみたいな、

緊張をまねく出発点みたいなものがあるなぁと、

実感している。

 

 

それも含めて考えた時、やっぱり、

 

 

「全身の状態を整える」

 

 

という、全体から体をみるのはとても大事になるのだ。

 

 

 

次回へつづく。

 

 

 

 

 

 

 

自律神経 その9

(その8から続く)

 

筋肉には呼吸に関わる筋肉

「呼吸筋」と呼ばれるものがあって、

そして、

自律神経に唯一外側から影響を与えられるのが

「呼吸」

と言われている。

 

整体をはじめる前は、呼吸に筋肉が関係することも

呼吸の量とかだって考えもしなかったけれど、

体の動きを見ていると分かることがある。

 

「その呼吸、

気持ちよく出来ているのか、いないのか。」

 

それが一目でわかる場所が胸郭やお腹の動きである。

 

 

ところで、腹式呼吸と胸式呼吸ってあるけれど、

この違いはなんだろう?

 

腹式呼吸・・・

横隔膜の上下運動によって行われ、(横隔膜は

吸気で下がって、呼気で上がるという運動をする)

腹部の動きが顕著な呼吸。

 

胸式呼吸・・・

肋間筋と呼ばれる肋骨に付着する筋肉の働きが

胸郭の運動を作り、そのため

胸郭の動きが主体の呼吸となる。

 

のが違いである。

 

しかし、動くところは違えども両方に共通することがあって

 

それが、

 

呼吸するときには胸やお腹が、動く。

 

ということなのだ。

 

 

呼吸とは身体を使ってするもの、なんである。

 

 

そして「呼吸筋」とは

その身体の動きに影響している筋肉なのだ。

 

まっ、大事なのは呼吸筋だけっ!

てわけでもないけれど、、

 

その辺のことも含めて

また次回に・・・続く!!

 

 

 

 

 

2019年9月14日|呼吸, 日記, 自律神経0 コメント

健康講座レポート 8月

今回の健康講座は、「歩き方を教えます!」

 

ということで、歩き方についてお話させて頂きました。

 

生まれて、誰に教わることもない「歩く」という行為。

 

”そもそも自分の歩き方は正しいのか?

正しくないのか?”

 

という疑問と、

 

”歩くときに「踵から着地してつま先で蹴る」

のは知っているけど、

実際やるとなんか体がギクシャクする・・・。”

 

 

という、(多分)歩き方の二大疑問!!

に対してお答えできるよう、

 

1、歩くことでいいこと悪いこと

2、正しい歩き方

3、あなたのベストな歩き方

4、体の機能をあげる歩き方

5、ちょっと早く歩いてダイエット

 

こんな順番でお話を進めていきました。

 

 

それにしても歩くって、それだけで体力要ります。

 

 

「帰りは蓮華寺池を歩いてから帰ります!!」

 

朝に開口、そう話されたKさんは

 

「蓮華寺池は天気と体と相談して、、考えます(苦笑)」

 

と、いって帰って行かれました(笑)

 

 

次回の健康講座は、

 

今回多かった、皆さんの(歩くときの)動きの

”弱点を強化”し、”身体を作る”

作業を加えて、より気持ちよく効果的に歩けるよう、

身体を導きたいと思います。

 

次回もどうぞお楽しみに!

 

暑い中参加して頂いた皆さんに心から感謝です!!

 

 

 

 

 

 

2019年8月20日|健康講座0 コメント
1 2 3 4 5 6 44