ききたい

オカメさん。私、ギャルだったんですよ(照れ笑い)

 

えっ!ギャ ギャルってどこで何して遊ぶの!!!?

 

 

と、言うのが昨年一番

”ありゃトンマだったな”と思う質問である。

 

 

こんな片田舎に

こんな経歴や仕事をしている人がいるもんだなぁ

と、この仕事をしてつくづく驚くことがある。

 

 

それで、昨年はギャルに驚いたのだ。

ちょっと遅いかもだけど。

 

 

ギャルってなんなのか定義すら分からない。

時代的にも年齢的にも

感覚的に掴むことさえ出来ない存在であった。

その実在が目の前に現れたのだ。

そりゃもう、聞かずにはいられない。

 

しかも、明るい笑顔の女性である。

 

 

かなり食い気味に聞いたその返答は

「いえ、特にフツーですよ(笑)」

だったが、う~む、スリリングな一幕であった。

 

 

さて、からだ工房オカメでは、

初診の方は問診から始まる。二回目以降も、

まずは前回からの経過を確認するところから始まる。

 

どこが痛いのか?

どうすると痛いのか?

いつから痛いのか?

 

施術にとって情報は大切なのである。

 

 

そして問診はもちろん体の事であるからして

安心してもらいたい。

 

それからあんまり言いたくない。

と、いうようなことは無理に聞かないので

それも安心して頂きたい。

 

2019年1月18日|おかめ日記0 コメント

おめでとうございます

年が変わると何が変わるのだろう。

 

年の瀬は何かに追われるように

とにかく、その一年に区切りを付け

そして年が明けると”今年もまた頑張ろう!”と

半ば強制的にリセット&スタートボタンが押される。

 

年末年始は、なかなかにエネルギーを使う日々なのだ。

 

でも、それでも新年ってのは何もかもが

なんだかピカピカしているようで、

悪い気はしないんである。

 

 

さて、毎年お客さんに出させてもらう年賀状。

なるべく一人一人文言を変えているのだが、

そのせいか、いただく年賀状も

ちょっとフレンドリーで面白い。

 

今年のお正月も皆さんからの心のこもった年賀状を

嬉しい思いで眺めさせてもらった。

 

ご家族でお越しいただいているNさんの

筆ペンで書いたご自分の名前の横にもうひとつ

”その他 一同”と記した宛名など、

写真にしてここに載せたいくらい

面白かった。

 

 

 

こうしてまた一年が始まるんだなぁ。

 

 

そう思うと、

 

 

やっぱりいちいち始まりがあるってのは

いいのかもしれない。

 

 

そう思えてくる。

 

 

だって、昨日の続きばっかじゃ味気ないものね。

 

 

 

 

たいへん前置きが長くなりましたが、、、

 

 

 

明けましておめでとうございます

本年もどうぞどうぞ

よろしくお願い申し上げます

明るく楽しい一年にいたしましょう!

 

2019年1月8日|おかめ日記0 コメント

雪の女王

このご時世なんだし、

とりたてて話が逸れる訳じゃなし、

 

タイトルに「アナ」と付け加えればいいじゃないか。

と思うのだが、

 

「巨人と千代の富士は強いから嫌いだ。」

 

という父親に育てられた娘のサガであろう、

どうも国民的に流行ったものに臆病である。

 

 

 

さて、いよいよ12月。

一年なんてあっという間よ、本当に。

 

そして、今日は暖かかったけど、

12月に入ってグンと寒くなりました。

 

そのグンという寒さが、

11月にすでになんだかおかしくなっちゃってる体に

さらにのしかかっている観が強い。

 

 

体にとっては気温の変化もまたストレス。

 

そう、ストレスとは心的なものだけにあらず。

なのである。

 

 

そんなわけで、雪の女王が首筋に息を吹きかけたか!

と、見紛うほどに首から頭の付け根が

カチーンなっちゃってる方が多い。

 

そして、女王の袂も長く垂れたドレスに

深く抱きしめられたか!と、思うほど背中も

カチョーンとしゃちほこばっているのである。

 

だいたいこういう時にはお腹も

もう、どうしていいかわかんなーい!

という風に張っていたりして、

 

そしてだいたい、もうどのくらい体がしんどいのか

よく分からなくなっていることが多いのだ。

 

 

そういう時は、体の力を抜かせてあげるのが大事である。

 

 

あと一か月、私もアナタもタッシャでがんばりましょ!

 

 

2018年12月5日|疲労、ストレス0 コメント

お父さんの(ような)背中

先に書くと、タイトルから想像するような

フンワリしたお話ではない。

 

自分の体なんて

あんまりまじまじ見る事なんか、

よっぽど美容にこだわってでもいない限り

ないのではないか。

 

顔のシミでも、皺でも、あるとき急に気がづいて

やたら気になるようになるもんである。

 

ましてや自分の体の後ろ側の

見ようとしても見えない場所なんてとくに。

 

しかし、何かの加減で不意に

以前より広くなった背中が

目に入ってきたりすることがある。

 

確かに子供は育てたけど、

その包容力が背中に出なくったっていいじゃない。

 

そう、少したくましくなった背中に

ひとりごちたりした皆さん、本題である。

 

 

●結婚式の時は華奢な肩だと言われた。

 

●以前より鎖骨が下の位置にある。

 

●水泳選手でもないのに、肩の上の肉が最近よく見える。

 

 

という変化を伴っていないだろうか?

 

以前より背中が広くなった場合、

”肩甲骨の位置が歪んできている”

可能性が高い。

 

 

肩甲骨は肩や腕と共に動く。

そして肩甲骨は、肩関節の可動の自由度を増すために

オノヨーコがそう叫ぶよりフリーダムに出来ている。

 

 

と、いう訳で肩甲骨の歪みをとると

体はタイムトンネルをくぐって、

娘だった頃の背中にもう一度近づけたりする。

 

 

アッ とか ア゛ッ

こんなに アッ とか ア゛ッ なんて音が

クチをついて出る日なんてそうはない。

というくらい、午前中の45分間はそればかりを

言っていた気がする。

 

この間、いつものようにヨガイーストさんに行くと

リカ先生がこう言うのだ。

 

「新しくグロウというメニューを作ったから、

今日はそれをやりましょう!」

 

 

嬉しいなぁ。なんか得した気分だなぁ。

 

 

というフワフワした気分もつかの間、

グロウとは休憩なしのトレーニングであった。。。

 

 

ホイールだとかボールだとかを使ってのトレーニングに

何とか持ちこたえた前半戦。

 

リカ先生がいつもの笑顔でこう言うのだ。

 

「じゃあ、後半戦は体幹を鍛えましょう!!」

 

 

 

「えっ・・・」

 

 

 

自分で言うのもなんだけど、

こんなに完璧な「えっ・・・」のリアクションなんて、

多分取ったことが無い。

それ程に、それはそれは美しい

夫婦そろっての「えっ・・・」であった。

 

 

 

 

センセイ、、、今のでも十分に体幹にきているよ。

(心の声)

 

 

 

 

 

しかし、爽やかなその笑顔に逆らう余地はないのである。

 

 

 

アッ とか ア゛ッ とか アウーとか、

時に ハヘッ とか声にならない声を出しながら、

漸くトレーニングが終わって、

こりゃ帰り道はぐったりだな。と思っていたら、

 

 

 

軽いんである。

 

 

 

体の真ん中に軽やかな玉でも入っているように

体が軽いのだ。

 

 

 

肩甲骨は背骨に寄りたがって、

 

股関節は深く屈曲することをいとわない。

 

 

 

 

これだから、うっかり通っちゃうんだな。

 

 

 

ちなみに先生は先週3回のグロウ(指導)で

1キロ痩せたそうな。

 

 

 

 

 

2018年11月5日|おかめ日記0 コメント
1 2 3 4 5 6 40