休日の過ごし方

ホームページから私のところを選んできてくれる方は、

気が回る人、やるべき事をほおっておけない人、

結果、頑張り過ぎてしまう人が多い。

 

頑張り過ぎは体にダメージをもたらす。

体の緊張から肩こりや頭痛が生まれ、

内臓の働きの低下から胃の不調や便通の不調。

体温のコントロールが上手くいかず、体に熱がこもったり、

足先にどんなに温めても効かないような冷えが起きたり、、、

 

この時期にそのような症状が出ると、

尚更不安になってしまうんじゃないだろうか。

そしてそれは新たな体調不良を生む種になる。

 

久々に袖を通したTシャツのシルエットが

記憶よりも肩幅が広がっているように感じたり、

全体的に肩が持ち上がっているように見えたら、

それは、体に緊張(ストレス)が溜まっている

一つのサインです。

 

現在は新規の方の受け入れもしておらず、

大変申し訳ないのだけど、もし、

そんな方がこの記事を読んでいたくれたなら、、

少しだけ肩の力を抜いて休んでほしいなと思う。

 

仕事が続いていた人も休みに入ったと思うけれど、

大手を振ってぐうたらして欲しいなと思うのだ。

 

現在は緊張状態が続いている。

その緊張した気持ちを持ったまま、

 

天気もいいし、出かけることも出来ないし、

あっそうだ!シーツ洗ってなかったなぁ、

じゃあ、洗濯槽のカビ取ってから、

うーん洗面台も掃除して、シャンプーの容器も、、

だなんて、気がついたら記録に挑戦するかの如く

忙しく立ち回る!

などというのは、実は全然名案ではなくって、

より体の緊張を強める要因になったりするのだ。

 

どうしてもやらないと気持ち悪いと思っちゃう

いつもの家事のルーティンくらいだけやって、

プラスアルファのことはまた今度。

くらいにして、一度、家族や電話で友人と笑ってみる。

 

正しい活力は気持ちのリセットも必要なのだ。

 

それから時々、お腹の力を抜いてみて、

(頑張り過ぎていると、だいたいお腹にグッと力が入っている)

そして、眉間の力も抜く。

(顔に力が入っていると、だいたい体にも力が入っている)

 

今日も空は青く、春の花は美しいのだ。

 

 

 

営業自粛のお知らせ

「営業自粛のお知らせ」をホームページに掲載しようと勢い込んでワードプレス(ホームページ作成ソフト)をいじったら、ホームページが表示されなくなってしまった。で、本日漸く復活いたしました。営業日を確認しに見に来て頂いた皆さん、大変ご迷惑をお掛け致しました。

 

そして一応、こちらのページでも”お知らせ”しておきます。

 

「営業自粛のお知らせ」

コロナウイルスによる市中の状況を鑑み、4月14日(火曜)より営業を一時期間自粛させていただくことと致しました。再開日は状況を見ながら都度ホームページにてお知らせ致します。また、先のご予約に関しては5月19日(火曜)分から現在も受け付けております。ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

「新規のお客さまへ」

大変申し訳ございませんが、コロナウイルスの現状を鑑み、現時点での新規のお客さまは受け付けておりません。緊急の痛みでない方、またからだ工房オカメに興味のある方、ブログなど更新をして参りますので、またホームページを覗きに来ていただければ幸いです。

 

「Oha!健康講座 中止のお知らせ」

4月26日 に予定していたOha!健康講座~体の活性化~は、市中の状況を鑑み中止といたしました。その代わりと言ってはなんですが、同日(4月26日)の朝9時15分”より、YouTubeにて、体の活性化をテーマにした動画を上げる予定です。検索は”からだ工房ホープ”にて。お楽しみに!

 

 

さて、世間がコロナウイルスでさんざめいているこの時、20代の娘さんが全力で恋に格闘している姿に触れ、自分に流れる血潮を、自分が生きている時間を強く実感したこの頃。

 

何かから隠れるように、息をひそめるようにひっそりとした気持ちになりがちな日々ですが、生きていることを実感できる毎日を送らねばと思った次第です。

 

オカメの別名はアメノウズメノミコト。これは天照大神を、愉快な踊りで岩戸から誘い出した者の名です。せっかくその名を語るなら、そんな役割が出来たらどんなに素敵だろうと思うのでした。

 

この映画のような騒ぎが過ぎ去った時、皆でエイエイオー!と叫びたいものですね。そして一日の終わりにも、自分の小さい勝どきの声を積み重ねていきたいと思います。

 

 

ルーツ整体塾「スゴイ!」「ダイスキ!」

月に一度、卒業した学校へ技術更新の勉強会に行っている。

ルーツというのがその勉強会の名前である。

 

で、師匠が言ったのだ。

「俺はハズキルーペのCMを見た時に固まった」と。

なぜならこんなにマーケティングに即したCMはない!

からだそうである。

 

さて、今回のルーツ。

ルーツのほかにもDOJO(今までの技術の復習会)だとか、

先輩の窓(インタビューでその先生の人となりや仕事の方法をあぶりだす。今回は「からだ工房ホープらくだ」の村田先生と「カロハ」の加藤先生)だとか、

小テスト(実技と筆記。クリスマスパーティー貢献金として下位4名はバッキンガム宮殿という名の罰金が発生する)だとか、

座学(師匠)など、とにかく一日盛りだくさんの勉強会なのだが、、

 

 

だいたいバッキンガム宮殿が嫌なばっかりに、

午前中の小テストでかなりの体力が奪われることになる。

 

それでも目の前に技術という名のニンジンがぶら下がれば、

一時的にアドレナリンがでるもので、

今回は足首の施術における関節の決め方や圧着などを復習し、

四肢の技術で腱鞘炎やテニス肘の矯正を奈良の中村女史から

新たに習ってきた。

 

「中村先生、簡単なようで難しいです。この技」

 

と言ったところ、

 

「そりゃそーやでオカメ。そんな簡単に出来るんやったら、

うちも困るわ」

 

と、言われた。本当にそりゃそうである。

 

中村先生は30年くらい前から、すでにアメリカにカイロの

勉強をしに行っていた小さな体でダイナミックな矯正が目印

みたいな人である。そんな簡単に盗めるわけがない。

練習あるのみである。

さて、そんないつも通りの勉強会であったが、

唯一違ったのが座学であった。

 

11月にバースディである師匠に、

プレゼントとして、プレゼンの勉強を兼ねた

(↑コウイウのがココの勉強会のコワイところなのだ)

師匠への言葉を贈る。というのが入った。

 

自営業者を目指そう。だなんて人はだいたい変わっていて、

お腹の中の熱いものを消化しきれなくて、

どうしようもない気持ちを味わう人が多い。

そしてだいたいそういう気持ちのピークに師匠に出会って、

そこから飯が食えるようにしてもらった訳である。

皆、贈る言葉など困りはしないのだ。

 

 

さて、今回のタイトル。ちょっとオカメらしくないな

と思いませんかね。

 

師匠がいうのだ「いやありがとう。お礼と言っては何だけど、

今日の事をブログに書いてみてよ。タイトルは、、。

あっそうだ、リンクも張っとけよ。」

 

私には時々、師匠が大山倍達に見えることがある。

 

空手バカ一代のモデルになった大山倍達は、

技を追い求める高潔さと、拍子抜けするほど世俗的な愛嬌と

ビジネスの脳を合わせ持った人物だったそうな。

 

ルーツのリンク→http://fumiyu.jp/

 

師匠、リンク貼っときましたよ!

 

 

 

2019年11月20日|日記0 コメント

9月の健康講座レポート

うっかり10月になってしまいましたが、

9月の健康講座の模様をレポートいたします。

 

8月に続き、「歩く!!」がテーマ。

 

歩くって行為は、教わらなくても出来るものですが、

生まれて、自分にとっての歩きの正解を教えてもらう

事ってナイですよね。

 

そこで前回は自分にとって最適な歩きを知ってもらうべく、

その要となる”自分にとって最適な歩幅”を体感してもらい、

”機能を上げる歩き方”まで段階的に行っていったわけですが、

 

 

そりゃね、一回じゃ覚えられないっすよ、身体は :mrgreen:

 

 

と、いうことで!そのおさらいと、

 

 

前回、正しい歩き方が出来てもその動きが

ギクシャクする方が多かったので

足首と股関節のエクササイズを加え、

よりラクに!最適かつ、スムーズな歩き!を

体得してもらおう。

 

と、いうのが今回の健康講座でした。

 

そして、

 

 

「スムーズな動きを作るには、筋トレじゃありません。

筋肉のスイッチをオンにすることが必要です。」

 

というのが裏テーマ!だったのでありました。

 

 

 

今回もご参加の皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

次回の健康講座はいよいよ「体力測定」が

一年ぶりに登場です。

 

 

自律神経 その10

(その9から続く)

 

大事なのは呼吸筋だけではない。

 

 

というのは、

 

「体はつながっている」

 

と、いう意味である。ありふれた言い方だけど。

 

 

例えば、ブルース・リーでおなじみの前鋸筋は

呼吸補助筋として吸気時に働く。

 

 

その前鋸筋が、もう、いかんともしがたく硬くなり、

手触りとしては、生のイカの開いたのが

脇下の肋骨の側面にベタ~っと

ひっついているみたいになっていたとする。

(※生イカと感じるかどうかは施術側の個人差があります)

 

 

じゃあさ!ソレ、前鋸筋を直接弛めればさ、いいじゃん。

 

 

という、考え方も、確かに間違ってはいない。

 

 

 

でも、その原因になっているであろう場所。

 

例えば腕からとか、脊柱からとか、

はたまた骨盤からとか、

モチロン人によってその場所は違うんだけど、

 

そこからキッチリ調整をかける。

 

のとでは、やっぱり効果に差が出てくるのである。

 

 

スイッチ。

 

 

身体には、とくに、自律神経なんかで緊張した体には

ココの力が抜ければな。

 

という、スイッチみたいな、

緊張をまねく出発点みたいなものがあるなぁと、

実感している。

 

 

それも含めて考えた時、やっぱり、

 

 

「全身の状態を整える」

 

 

という、全体から体をみるのはとても大事になるのだ。

 

 

 

次回へつづく。