正しい姿勢に必要な筋肉 ~腹筋~

こんにちは。バブルを知らないアラフォー世代。オカメです。
昨夜TVでアラフォーの婚活について特集していました。
結婚には社会や経済の変遷が色濃く影響するようで、
あらゆる数字をグラフで示していましたが、ひとつ気になる数字が。
統計によると現在アラフォーで恋人がいる人は何と3割しかいない!!
んだそうでして、司会者も渋い顔に。

でもね、知ってます?独身の場合、恋人がいる割合って世代関係なく3割なんですよ。
こうやって世間は情報に踊らされていくんだわ、そう切なく思った夜でした。

さて、全然関係ない話で始まりましたが今回は腹筋についてです。
前回脊柱起立筋が弱くなると、姿勢が崩れると書きましたが
背中側の筋肉が弱くなると勿論その反対側にある筋肉、
腹筋にも悪影響を及ぼします。
物事の表と裏が互いに影響し合うのと同じですね。

ただ筋肉の場合は表と裏でなく、互いに拮抗する筋肉、「拮抗筋」と呼ばれます。
分かりやすく言うと、肘を伸ばした状態から肘を曲げた時
腕の内側にある筋肉は縮み、腕の外側にある筋肉は伸びます。
この関係にある筋肉を拮抗筋と呼びます。
猫背になって背中の筋肉が伸びればお腹が縮む
背中をグッと反らせば背中の筋肉は縮み、腹筋が伸びる。
そう!だから腹筋は脊柱起立筋の拮抗筋なのです。
腹筋と背筋の二つが均等の力加減で働くことが
体幹をバランスよく支えることにつながります。

また腹筋には内臓を支える役目があるため
筋力が落ちると内臓まで下がってしまいます。

背筋を伸ばして姿勢よくいるだけで腹筋は使われます。
猫背のように背中を丸めてばかりいると
腹筋は使われずたるんでしまいますよ。
美しいプロポーションを保つためにも正しい姿勢でいましょうね。

2009年2月12日|姿勢について0 コメント

正しい姿勢に必要な筋肉 ~脊柱起立筋~

「あなたの不調はあなたの日々の姿勢から生まれるんですよ」

これはいっらしゃる患者さんによくお話しすることです。

なぜ、正しい姿勢が大切なのか・・はHPを読んでいただいて

ここでは正しい姿勢を保つために使われる筋肉を

何回かにわたり書いていこうと思います。


今回は脊柱起立筋

その名の通り背柱を起立させる役割があります。

背筋を伸ばすときに働き、

腸肋筋、最長筋、棘筋という3つの筋肉から成り立ちます。


脊柱起立筋が縮むことで背筋は伸びるため

猫背のように背中を丸めた状態でいることは

この筋肉を引き伸ばし続けることになります。

筋肉は縮むことが仕事ですから、

筋肉を伸ばし続けていると、筋肉は本来の仕事である

「縮む」という役割を果たせなくなるだけでなく、

筋肉はピーンと引き伸ばされたゴムのようになり

常に背中に緊張状態が続くことになります。

脊柱起立筋は背骨に沿って骨盤から後頭部にまで付着しているため

背骨や骨盤を歪め、また筋肉の緊張状態も続くことで

腰痛や肩コリを引き起こす原因となってしまいます。


背中を丸めていると今度は体の前面から体幹を支える

腹筋も衰えてしまいます。

その腹筋の役割を次回は書きたいと思います。








2009年2月9日|姿勢について0 コメント

中年でいいじゃん

小泉今日子をキョンキョンと呼んで、20代の友達に笑われたことがある。

でも、キョンキョンはキョンキョンよ。だってオカメは30代女子だもんね。

この人の淡々とした年の取り方にすごく憧れます。

女性週刊誌に「アラフォーでなくていい。中年でいい。」

というコメントが載せてあって、

自分が中年に差し掛かったことを受け入れることが出来たのも

このコメントを読んでからだった。


さて、ひとは必ず年を取っていきます。

とくに女性は鏡に映るある日の自分の姿に

一編の詩集ができるほどの郷愁を胸に感じることもあるのではないでしょか?

そんな時こそ胸を張りましょう。背筋を伸ばしましょう。

あなたの胸筋がグッと開いて、背中の脊柱起立筋がピッと縮めば

バストトップもボンッとあがって、

背中のはみ肉も自分の居場所をなくしていくことでしょう。

あっついでに肩こりも治っちゃいますよ!








2009年1月30日|日記2 コメント
1 40 41 42 43 44 45